05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2016年5月18日(水)9:02

「家族に感謝の心を」/家庭倫理講演会

内田靖士さんが「いのち」語る


内田さんの講演に耳を傾ける市民=15日、市中央公民館

内田さんの講演に耳を傾ける市民=15日、市中央公民館

 家庭倫理講演会が15日午後、市中央公民館で行われた。倫理研究所の内田靖士さんが、「『いのち』の輝き」と題して講演。「私たちは一人で生きているのではなく、家族に生かされている。まずは家族に感謝の心を」と呼び掛けた。

 内田さんは、命の重さと家族の大切さを語った。東日本大震災の被災者や、自分の両親のことを紹介しながら話を進めた。

 苦難について、内田さんは「悩みや困っていることは体で言えば痛みのようなもの。痛みは体の不調を伝える知らせであり、苦難は自分を苦しめている原因を教えてくれる」と前向きに捉えるよう助言した。

 その上で「悩みや心配事はあると思うが家族に尽くせばきっと良くなる。家族に温かく接してほしい」と促した。「まずは夫婦が仲良くすること。子どもは自分の両親が仲が良いだけで喜ぶ。仲が悪いと寂しさしか残らない」と話し、家庭を良くすることの重要性を繰り返し説いた。

 この日は内田さんの講演に先立って喜屋武幸清さんが「倫理は奇跡を生む『打ちでのこづち』」をテーマに実践報告を行った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!