04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
産業・経済
2016年5月19日(木)9:03

融資額18億5500万円/15年度マル経・沖経資金

伊良部商工会は過去最高

 沖縄公庫宮古支店は18日、2015年度の融資実績を発表した。宮古島商工会議所、伊良部商工会が推薦する小規模事業者経営改善資金(マル経資金)及び沖縄雇用・経営基盤強化資金(沖経資金)を合わせた融資額は18億5500万円で、前年度(17億700万円)に比べ1億4800万円(8・6%)増加し高い水準となった。特に、伊良部商工会の「マル経資金」の融資実績(推薦実績)は、伊良部大橋開通に伴う資金需要の増加により、28件2億2200万円となり、前年度に比べ9件(47%)、金額にして7600万円(52%)それぞれ増加し、件数、金額ともに過去最高となった。同支店は昨年、「2015年度は伊良部大橋効果が出る」と予測したことが数字で明らかになった。

 同支店は、12年度に無担保、無保証の融資制度「沖経資金」が創設されたことで、「宮古地域に適した制度として実績が伸びている」と説明した。

 宮古島商工会議所のマル経資金と沖経資金の合計実績は、県内の四つの商工会議所の中ではトップという。

 沖縄雇用・経営基盤強化資金(沖経資金) 無担保、無保証の融資制度で沖縄公庫独自の制度。商工会議所または商工会の実施する経営強化指導を受けている特定規模事業者で、商工会議所会頭または商工会会長の推薦を受けたものが対象。資金使途は設備資金と運転資金で融資限度額は2000万円。

 小規模事業者経営改善資金(マル経資金) 小規模事業者の資金繰りを支援する制度で無担保、無保証、低利で融資が受けられる。融資上限額は2000万円。商工会議所、商工会の経営指導を受けていることが要件。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!