04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
政治・行政
2016年5月21日(土)9:05

下地市長「開示しない」/地下水審学術部会議事録 

拒否姿勢を固持

 沖縄防衛局から市に提出された陸上自衛隊駐屯地建設計画の協議書を審議してきた市地下水審議会と学術部会の議事録と同部会の判断となる報告書について、下地敏彦市長は20日、本紙の取材に対して改めて「開示しない」と明言した。

 今月10日の会見では、議事録について「市情報公開および個人情報保護審査会の判断に委ねる」との見解を示していたが、19日に行われた同審査会では議事録が審査対象ではないことが判明した。

 これを受けて下地市長は「一部勘違いがあったかもしれない。議事録の公開も要求されていると思っていた。審査が協議書だけであるならば議事録については公開しないということになる」と、改めて議事録の公開を拒否した。

 開示しない理由について、下地市長は「そもそも地下水審では審議未了になっている。結論は出ていない。結論が出ていない会議の資料を出せと言うのがおかしい。完結していない議事録を公開する必要はない」と語気を強めた。

 市議会の3月定例会で審議会終了後に速やかに開示するよう求める請願書が採択されていることについては「審議会の結論が出ないまま終わっているので公開はできない」との見解を示した。

 19日に野党市議らの議事録開示に理解と協力を求める要請に対して棚原芳樹議長は「市長には速やかに議事録を公開するよう強く求めていきたい」との見解を示しているほか、複数の市民団体からも開示要求があるが、「命の水」を守るための議論の開示は難しい状況となっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!