01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
教育・文化
2016年5月27日(金)9:02

日焼け顔で成果報告/宮総実海洋科学科

遠洋航海実習から帰島


40日間の実習を終え敬礼で帰島を報告する実習生たち=24日、平良港第1埠頭

40日間の実習を終え敬礼で帰島を報告する実習生たち=24日、平良港第1埠頭

 宮古総合実業高校の生徒が、40日間の遠洋航海実習から24日帰島し同日、平良港で下船式に臨んだ。日焼けした生徒たちは、迎えにきた学校関係者や保護者たちを前に「卒業後の進路に生かしていきたい」と抱負を話した。

 実習に参加したのは海洋科学科3年生12人。4月15日に実習船「海邦丸五世」で平良港を出港し、鹿児島県枕崎市や北海道函館市などに寄港しながら、マグロはえ縄漁の体験、エンジン整備を学んだほか、船上での消火訓練、避難訓練などにも参加した。

 下船式で金城勝船長は「規則を守り、安全管理を徹底した結果、安全航海で帰ることができた。体験、学習したことを今後に生かしてほしい」と呼び掛けた。
 実習生を代表して大浦晃君は「船員たちの指導で楽しい船内生活を送ることができた。最高の40日間だった」と振り返った。

 唯一の女子生徒、奥原香奈さんは「最初は不安で船酔いもしたが、船長や乗組員たちが励ましてくれた。函館で見た夜景が素晴らしかった」と笑顔だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!