07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
イベント スポーツ
2016年6月5日(日)9:06

各コートで熱戦展開/ビーチバレー宮古島大会開幕

400人が出場


各コートで熱戦が展開された=4日、与那覇前浜ビーチ

各コートで熱戦が展開された=4日、与那覇前浜ビーチ

 日本ビーチバレーボール連盟公認の第17回ビーチバレー宮古島大会2016(主催・同実行委員会)が「出会い! 感動! 飛躍!ビーチの勇者たち!」をテーマに4日、与那覇前浜ビーチで2日間の日程で開幕した。男子2人制に14、女子2人制に13、混成4人制に86チームの合わせて約400人がエントリーし、それぞれの部門で頂点を目指し、熱戦を展開した。

 この日の日中の最高気温は平年よりも3・8度高い32・3度で、今年一番の暑さとなった。会場となった与那覇前浜ビーチの特設コートで、それぞれの部門の予選が行われた。きょう5日は決勝まで行われる。

 開会式で選手を代表して、昨年8月、高校3年生のときに、全日本ジュニアビーチバレーボール男子選手権大会で準優勝を果たした仲間大介、伊志嶺光亀選手が「恵まれた自然環境の中で、一球一球楽しみながら、頑張っていきたい」と力強く宣誓した。

 大会長を務める下地敏彦市長は「きょうは暑い。気持ちも熱く、友情も厚く、頑張ってください」とあいさつした。

 県バレーボール協会の翁長良成会長は「8月にはブラジルでリオ五輪が開催される。選手の皆さんには五輪にも勝るとも劣らない躍動感あふれるプレーを展開することを期待する」と激励のあいさつをした。

 同大会の賞金総額は105万円で各優勝チームに賞金20万円、2位に10万円、3位に5万円が贈られる。また、男女2人制の上位3チームには、日本ビーチバレーボール連盟のオフィシャルポイントが与えられる。

 この日の予選終了後、下地農村環境改善センターで出場者らが集い、ビーチバレーふれあいパーティーが行われ、出席者らは交流を深め、健闘を誓った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!