04/24
2024
Wed
旧暦:3月16日 赤口 戊 
政治・行政
2016年6月7日(火)9:07

投票率 過去最低/県議選宮古島市区

「情報感じない」/棄権した有権者にインタビュー


投票率低下に歯止めがかからない。写真は5日に行われた県議選宮古島市区の開票作業=市中央公民館

投票率低下に歯止めがかからない。写真は5日に行われた県議選宮古島市区の開票作業=市中央公民館

 5日に投開票が行われた第12回県議会議員選挙。宮古島市区の投票率は56・26%で、前々回(第10回、2008年)を10・19ポイント下回り、過去最低となった。棄権者数は1万9035人(宮古島市1万8743人、多良間村292人)。宮古島における過去の県議選投票率は、91・16%をピークに70%~80%台で推移し、選挙熱の高さが感じられたが、近年は右肩下がりだ。宮古毎日新聞社は、今回の県議選を棄権した有権者に「なぜ、投票に行かなかったのか?」理由を聞いた。

 自営業の男性(56)は「仕事が忙しかった」ことを理由に上げたが「候補者には情熱が感じられず、パフォーマンスだけが上手になった気がする」と話した。

 農業の男性(37)は「選挙は、自分の生活の中で身近に感じられない」、24歳の男性会社員は「もともと興味がない。周囲の人とも選挙の話はしたことはない」とそれぞれ冷めた様子。33歳の会社員男性は「投票日に病気になった。無理をしてまで、投票したいと思う候補者がいなかった」と話した。

 「誰に投票しても変わらないような気がする」と話す有権者も多く、50代の女性(公務員)は「選挙の時だけ、宮古島のためと言っているように聞こえる。それに反論するために、投票しないことにしている」、30代女性(会社員)は「どの候補者が当選しても、どう変わるのかとの思いもあった」、30代のアルバイト男性は「興味がなかったし、最初から投票するつもりはなかった。誰に入れた方が良いかも分からない。面倒くさいので投票しなかった」とそれぞれ語った。

 会社員男性(40)は「最近は県議選に限らず、どの選挙にも行っていない」という。「誰がなっても変わらないと言ってしまうと角が立つが、実際に変わったと思えるようなことがない」と話し、公約が目に見える形で実現していないことに憤った。

 白票を投じたという会社員の男性(52)は「誰に入れれば良いのか分からなかった。政策、人柄、経験など全てにわたってこれはという人物がいなかった」と理由を説明。「棄権しても良かったのではないか?」との質問には「『候補者の中には、私が支持できるような人はいない』との意思表示をしたつもりだ」と述べた。

 一方で、「投票にはなかなか行かないが、今回は自身の意志で投票所に行き1票を入れた」と話すのは48歳の女性会社員。

 「今回の選挙には、地下水問題や陸上自衛隊配備計画など、宮古の将来を大きく左右する問題が含まれていた。それが投票所に向かわせる原動力になったと思う。私が選挙に関心を持てば、子供たちも自然に政治に関心を持つはず」と話した。

 市選挙管理委員会の下地淳徳委員長は、投票率低下について「宮古島市だけでなく、全国的な傾向」と指摘。7月の参院選から、投票できる年齢が18歳以上に引き上げられることを紹介し「若い人たちの政治への意識が高まれば、相乗効果で投票率アップにつながる可能性はある」と期待した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!