04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
政治・行政
2016年6月7日(火)9:06

公約の実現に決意/亀濱玲子さん

「命、暮らし守る県議に」


当選から一夜明けて、本紙の記事を読みあらためて勝利を実感する亀濱氏=6日、亀濱玲子後援会事務所

当選から一夜明けて、本紙の記事を読みあらためて勝利を実感する亀濱氏=6日、亀濱玲子後援会事務所

 -当選から一夜明けた感想は

 今回、常に訴えたのは「命の水を守る」ことであり、その政策が市民に浸透したことがとてもうれしい。そのほかにも自衛隊配備の問題や下地島空港の平和利用など、島の人たちの命と暮らし、平和を訴えたことも受け入れられての当選なので、気を引き締めて頑張りたい。

 -選挙戦を振り返って

  今回選挙では、革新票が多い城辺地区については特に力を入れて支持を訴えた。さらに、上野野原でも自衛隊について、住民の声を聞いて回った結果、自衛隊配備については反対のうねりが大きくなっているの感じたし、私が掲げた政策が支持を受けていると実感できた。さらに、選挙期間中は女性のつどい、総決起大会、個人演説会と度重なる集会を成功に導いたスタッフが良く動いてくれたことが大きかった。それが勝利につながった。

 -新人県議としての抱負は

 早急に取り組むべきこととして、島民の命の水である水道水源流域を守る活動が最優先される。防衛局が駐屯地建設を予定している場所は、命の水の『聖域』であり、緑のダムとして県政にも認めてもらい水源涵養林を造成する場所として行政、市民共同で進めていく流れができた。この取り組みを翁長県政と進めていきたい。

 -宮古島の市民に対して

 今回の県議選の中で、有権者からは「今の市政をどうにかしてほしい」との声が多く寄せられた。今の下地敏彦市政に対し市民の不満が増大しており、抑えられない気持ちが私に届いた結果が今回の当選であり、。市政を刷新したいとする市民の希望の表れだと思う。来年1月の市政奪還と、県政の場では離島の不利性を解消するため、命と暮らしを守る声をしっかり届けていきたい。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!