06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
政治・行政
2016年6月10日(金)9:06

県選管が当選証書付与/県議選

亀濱、座喜味、糸洲(多良間出身)の3氏


宮古島市区で初の女性県議となる亀濱氏(右)と3期目の座喜味氏(中)、南部離島区で当選した多良間出身の糸洲氏(左)=9日、県庁講堂

宮古島市区で初の女性県議となる亀濱氏(右)と3期目の座喜味氏(中)、南部離島区で当選した多良間出身の糸洲氏(左)=9日、県庁講堂

 【那覇支社】5日に投開票された第12回県議会議員選挙の当選証書付与式が9日午前、県庁講堂で行われ、県選挙管理委員会の当山尚幸委員長が新議員48人の1人ひとりに当選証書を手渡した。改選後の初議会となる6月定例県議会は28日から開会する。



 付与式では当選者の氏名が名護市区から順番に読み上げられ、宮古島市区から初の女性県議として当選した無所属の亀濱玲子氏(62)と自民党3期目の座喜味一幸氏(66)、那覇市・南部離島区で公明党6期目の糸洲朝則氏(68、多良間出身)も、それぞれ晴れ晴れとした表情で当選証書を受け取った。


 当山委員長は「大きな期待を寄せている県民の代表者として、県や県民の平和と安寧、経済、福祉などの向上のため、県議会議員として職責を全うするよう期待したい」と激励した。


 終了後、亀濱氏は「県政の場に送ってもらい、改めて心から感謝したい。オール沖縄の立場で翁長県政と手を携えていく。宮古の命の水を守る地下水保全のため、緑のダム構想などに力を入れ、精一杯働きたい」、座喜味氏は「身の引き締まる思い。厳しい選挙戦で当選させてもらい心より感謝したい。宮古の経済など離島振興を大きく加速させると選挙で約束した。決意を新たに自信を持って県議会で訴え、結果を出していきたい」とそれぞれ抱負を語った。


 また、糸洲氏は「厳しい選挙戦で勝たせてもらい、支持者とふるさとの皆さんに感謝したい。この恩返しは議員活動の中で発揮したい。5期20年分の仕事を、この4年間でやり通す気概を持って頑張りたい」と意欲を見せた。


 今県議選では13選挙区の13議席を巡り71人が立候補。選挙結果は翁長県政与党が現有の24議席から27議席に伸ばし、引き続き安定多数を維持した。


 当選者の内訳は現職が31人、前職2人、新人15人。党派別では与党が社民、共産ともに6人、社大3人、与党系無所属は12人が当選した。野党は自民が14人、野党系無所属が1人、中立は公明4人、おおさか維新が2人の議席を得た。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!