04/17
2024
Wed
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
教育・文化
2016年6月12日(日)9:06

発達障がい児への対応学ぶ

「トータル支援教室in宮古・多良間」/琉球大学主催


「段ボール王国で遊ぼう」をテーマに行われた集団支援活動=11日、県宮古教育事務所

「段ボール王国で遊ぼう」をテーマに行われた集団支援活動=11日、県宮古教育事務所

 発達障がい児への支援などを目的とした琉球大学教育学部附属発達支援教育実践センター主催の「トータル支援教室in宮古・多良間」が11日、県宮古教育事務所で行われた。対象となる子供たちや保護者、保育士、教員らが参加し、支援を必要とする子供たちとの関係性のほか、状況や場面に応じて対応することの大切さについて学んだ。

 この取り組みは、今月9~12日までの間に宮古と多良間で全5回のプログラムとして行われており、第4回目となるこの日は琉球大学の浦崎武教授が子供たちにとって学び、体験しやすい環境を構築するために必要な「集団支援活動」のあり方について紹介した。

 「段ボールの王国で遊ぼう」をテーマに行われた集団活動では、それぞれが自分なりの楽しみ方が認められ、安心して過ごしながら他者とやりとりし遊びを展開することを周囲で支援した。

 参加した保護者や保育士らは、高く積み上がった段ボールが倒れないかドキドキする子供たちの様子や、その段ボールを勢いよく壊して喜ぶ笑顔を見ながら、子供たちがより良い環境の中で、物事へ「向かう力」や他者とともに過ごす「関係性の力」を育むことの大切さを学習した。

 同教室は、最終のプログラムとなる公開講座が12日の午後1時から、市中央公民館で「支援が必要な子どもの保育と教育を考える。トータル支援の子ども理解と子育て」をテーマに行われる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!