06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
産業・経済
2016年6月14日(火)9:01

写真展&物産展が開幕/アゼルバイジャンのナヒチェバン市

平良庁舎1階ロビーで


テープカットを行う(左から)下地実行委員長、イスマイルザーデ特命全権大使、下地市長、棚原議長=13日、市役所平良庁舎1階ロビー

テープカットを行う(左から)下地実行委員長、イスマイルザーデ特命全権大使、下地市長、棚原議長=13日、市役所平良庁舎1階ロビー

 アゼルバイジャン共和国の地方都市・ナヒチェバン市の写真展&物産展(主催・同実行委員会)が13日、市役所平良庁舎1階ロビーで開幕した。初日午前にはオープニング式典が開かれ、同実行委員会の下地明作実行委員長と駐日アゼルバイジャン共和国大使館ギュルセル・イスマイルザーデ特命全権大使らがテープカットを行い、開催を祝った。会期は17日まで。

 ナヒチェバン市はアルメニア領内にあるアゼルバイジャン共和国の飛び地で、人口は約9万人。4月9日から14日には日本から海外へのビジネスチャンス拡大などを目指す起業家や個人らで結成された「越境会」の石田和靖会長の呼びかけで、沖縄県議会議長と宮古島市議会議員団を中心とした40人からなるアゼルバイジャン友好使節団が同都市などを訪問し、宮古島市との経済連携などについて意見を交わした。

 写真展では使節団訪問時に撮影されたナヒチェバン市と首都のバクーの写真76点を展示。物産展ではアゼルバイジャン産のザクロジュースが販売されている。

 オープニング式典には下地実行委委員長、イスマイルザーデ特命全権大使と下地敏彦市長、棚原芳樹市議会議長が出席。テープカットを前に下地実行委員長は「写真展・物産展を通して、より多くの市民にナヒチェバンを知ってもらいたく今回の企画となった。ナヒチェバンとの末永い交流を願っている」。イスマイルザーデ特命全権大使は「写真展・物産展が開催されることに心からお礼を言いたい。期間中、ぜひみなさんに見てほしい」。下地市長は「今回の写真展・物産展は市民にとって異国の文化に触れることのできる貴重な機会。多くの人に来てもらいナヒチェバンやアゼルバイジャンに興味を持ってもらいたい」。棚原議長は「写真展・物産展を通してより多くの市民にナヒチェバンを知ってもらいたい」とそれぞれあいさつした。

 物産展の売上金は宮古島市とナヒチェバン市の共同義援金として熊本地震被災地に寄付される。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!