05/26
2024
Sun
旧暦:4月19日 仏滅 庚 
教育・文化
2016年6月16日(木)9:02

「方言は民謡で覚えよう」

平良中で方言教室/邊土名清志さんが講話


邊土名さんの話に耳を傾け方言を学ぶ生徒=14日、平良中体育館

邊土名さんの話に耳を傾け方言を学ぶ生徒=14日、平良中体育館

 平良中学校で14日、方言教室があった。講師で農家の邊土名清志さんが、民謡の歌詞を活用しながら宮古方言の魅力を語った。

 総合的な学習の時間を活用して開かれた。対象は1年生。邊土名さんは宮古方言の美しさと、民謡の歌詞に込められた意味を紹介しながら話を進めた。

 方言で行うあいさつの方法を紹介し、「あいさつは笑顔で」と助言。「あいさつはコミュニケーションの始まりであり、そのためにあいさつがある。とても大切なこと」と話した。

 宮古民謡を弾き語りながら、「笑顔でいる人には手をあげない」という方言を披露。ここでも「いつも笑顔でいることが大切。意識してほしい」とあいさつと笑顔の重要性を説いた。

 講話の後は、生徒の質問タイム。男子生徒が「方言はどれぐらいで覚えられるでしょうか」と聞くと、邊土名さんは「一番早いのは民謡で覚えること。1年ぐらいで身に付くのではないかと思う」と答えた。

 そのほか、「三線は何歳のときに覚えたの?」「どれぐらいの曲を弾けるのですか?」などと質問。邊土名さんは質問の一つ一つに丁寧に答え、「皆さんも民謡を覚えて次の世代に伝承してほしい」と期待した。

 最後に島尻梨穂さんがあいさつし、「きょうの講演を聞いて、おじいちゃんやおばあちゃんが話す言葉の意味を知りたくなった」と話し、感謝を込めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!