03/21
2023
Tue
旧暦:月日   
政治・行政
2016年6月18日(土)9:04

漁業者の安全確保要請/下地市長ら県に

尖閣諸島への中国軍艦接近で


尖閣問題について安慶田副知事(左)に要請文を提出する下地敏彦市長(右から2人目)ら=17日、県庁内

尖閣問題について安慶田副知事(左)に要請文を提出する下地敏彦市長(右から2人目)ら=17日、県庁内

 【那覇支社】下地敏彦宮古島市長は17日、中国軍艦が9日に尖閣諸島の接続水域を航行したことに関連して、県庁内で安慶田光男副知事に対し、漁業者の安全確保と監視・警備体制の充実について国に働きかけるよう要請した。中山義隆石垣市長と八重山市町議会議長会の知念辰憲会長(石垣市議会議長)も同行した。

 会談では、下地市長は安慶田副知事に対し「いくら振興策をやると言っても、民意が安定しなければ本当の意味で離島の振興は実現しない。本気で取り組んでほしい。県が主体的に情報を発信する場を作ってもらいたい」と要請した。

 中山石垣市長は「尖閣は沖縄県の行政区域。こういう事態が発生した場合には、県知事としても明らかなメッセージを発してほしい」と話した。

 要請を踏まえ、安慶田副知事は、県も漁業の安定操業について要請をしてきていると指摘。「今後も取り組みを強化していく」と応じた。その上で、「観光は平和産業。日本政府と中国政府には、早めに外交的解決をするよう取り組んでいきたい」と話した。

 会談後、下地市長は「中国軍艦は領海にも入ってくるようになった。しっかりと(県の取り組みを)訴えていきたい」と話した。

 19日に「オール沖縄会議」が主催する、米軍属が逮捕された女性殺害事件に抗議する県民大会に関しては、超党派の開催でないことを理由に両市長とも参加を見送るとした。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年3月18日(土)8:57
8:57

23人が公認ガイドに/SUP協

講習会受講者を認定   宮古島スタンドアップパドル協会(長濱健治会長)の第3回SUPガイド認定講習会が16日、伊良部の佐和田の浜で開かれた。市内のマリン事業所のスタッフら23人が受講し、全員が公認ガイドに認定された。

2023年3月14日(火)19:25
19:25

【動画】「さんしんの日」、沖縄宮古民謡協会の皆さんを取材しました

「さんしんの日」に、沖縄宮古民謡協会の皆さんを取材しました。 参加者は約80名で大いに盛り上がりました! 島の文化を大切になさっています! 動画で楽しんでくださいね! (紙面は3月5日2面に掲載) HP記事はこちらです!

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!