05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
政治・行政
2016年6月18日(土)9:04

漁業者の安全確保要請/下地市長ら県に

尖閣諸島への中国軍艦接近で


尖閣問題について安慶田副知事(左)に要請文を提出する下地敏彦市長(右から2人目)ら=17日、県庁内

尖閣問題について安慶田副知事(左)に要請文を提出する下地敏彦市長(右から2人目)ら=17日、県庁内

 【那覇支社】下地敏彦宮古島市長は17日、中国軍艦が9日に尖閣諸島の接続水域を航行したことに関連して、県庁内で安慶田光男副知事に対し、漁業者の安全確保と監視・警備体制の充実について国に働きかけるよう要請した。中山義隆石垣市長と八重山市町議会議長会の知念辰憲会長(石垣市議会議長)も同行した。

 会談では、下地市長は安慶田副知事に対し「いくら振興策をやると言っても、民意が安定しなければ本当の意味で離島の振興は実現しない。本気で取り組んでほしい。県が主体的に情報を発信する場を作ってもらいたい」と要請した。

 中山石垣市長は「尖閣は沖縄県の行政区域。こういう事態が発生した場合には、県知事としても明らかなメッセージを発してほしい」と話した。

 要請を踏まえ、安慶田副知事は、県も漁業の安定操業について要請をしてきていると指摘。「今後も取り組みを強化していく」と応じた。その上で、「観光は平和産業。日本政府と中国政府には、早めに外交的解決をするよう取り組んでいきたい」と話した。

 会談後、下地市長は「中国軍艦は領海にも入ってくるようになった。しっかりと(県の取り組みを)訴えていきたい」と話した。

 19日に「オール沖縄会議」が主催する、米軍属が逮捕された女性殺害事件に抗議する県民大会に関しては、超党派の開催でないことを理由に両市長とも参加を見送るとした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!