07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
教育・文化
2016年7月7日(木)9:06

宮総実、W最高賞/学校農業クラブ大会

PJと意見発表で快挙/県代表、九州大会出場へ


県学校農業クラブ大会で上位入賞した生徒たち=6日、宮古総合実業高校

県学校農業クラブ大会で上位入賞した生徒たち=6日、宮古総合実業高校

 第64回県学校農業クラブ連盟大会(FFO)がこのほど、うるま市内で行われ、宮古総合実業高校がプロジェクト発表(Ⅲ類=ヒューマンサービス)部門で最優秀賞を受賞した。ローゼルを使った菓子づくりと地域貢献で高い評価を得た。意見発表(Ⅲ類)部門でも1年の石嶺花鈴さんが最高賞に輝いた。それぞれ来月8日に開催される九州大会に出場する。

 プロジェクト発表部門で最優秀賞を受賞したのは3年の上地海里さん、上地真愛さん、新城伊緒梨さん、松田唯奈さん、2年の浅川海月さん、藤田つぶらさんの計6人。

 クエン酸やミネラル分が多いとされるローゼルを使って菓子を製造。これを地域に広めた成果と課題を発表し、高い評価を得た。

 同校はプロジェクト発表部門Ⅱ類(開発・保全・創造)にもエントリーし、3年の上原紫音さん、川田美琴さん、棚原千祥さん、2年の善福友陽君、池間弘登君の5人が地下水保全プロジェクトを発表して優秀賞を受賞している。

 意見発表部門最優秀賞の石嶺さんは「三線を通して」と題して発表。民謡を通して方言を知ってもらいたいという気持ちを込めた。

 6日午後、校内で報告会が行われた。ローゼル研究班からは「昨年からローゼルを広めるために研究をしてきた。これまで支えてくれたすべての人に感謝したい。九州では県代表の気持ちを忘れずに頑張りたい」という感謝と抱負があった。

 石嶺さんは「これまで以上に練習を重ねて九州大会に臨みたい」と話した。

 本村博之校長は「皆さんの頑張る姿が後輩たちの刺激になる。さらに研究を深めてほしい」と激励した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!