04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
教育・文化
2016年7月7日(木)9:06

宮総実、W最高賞/学校農業クラブ大会

PJと意見発表で快挙/県代表、九州大会出場へ


県学校農業クラブ大会で上位入賞した生徒たち=6日、宮古総合実業高校

県学校農業クラブ大会で上位入賞した生徒たち=6日、宮古総合実業高校

 第64回県学校農業クラブ連盟大会(FFO)がこのほど、うるま市内で行われ、宮古総合実業高校がプロジェクト発表(Ⅲ類=ヒューマンサービス)部門で最優秀賞を受賞した。ローゼルを使った菓子づくりと地域貢献で高い評価を得た。意見発表(Ⅲ類)部門でも1年の石嶺花鈴さんが最高賞に輝いた。それぞれ来月8日に開催される九州大会に出場する。

 プロジェクト発表部門で最優秀賞を受賞したのは3年の上地海里さん、上地真愛さん、新城伊緒梨さん、松田唯奈さん、2年の浅川海月さん、藤田つぶらさんの計6人。

 クエン酸やミネラル分が多いとされるローゼルを使って菓子を製造。これを地域に広めた成果と課題を発表し、高い評価を得た。

 同校はプロジェクト発表部門Ⅱ類(開発・保全・創造)にもエントリーし、3年の上原紫音さん、川田美琴さん、棚原千祥さん、2年の善福友陽君、池間弘登君の5人が地下水保全プロジェクトを発表して優秀賞を受賞している。

 意見発表部門最優秀賞の石嶺さんは「三線を通して」と題して発表。民謡を通して方言を知ってもらいたいという気持ちを込めた。

 6日午後、校内で報告会が行われた。ローゼル研究班からは「昨年からローゼルを広めるために研究をしてきた。これまで支えてくれたすべての人に感謝したい。九州では県代表の気持ちを忘れずに頑張りたい」という感謝と抱負があった。

 石嶺さんは「これまで以上に練習を重ねて九州大会に臨みたい」と話した。

 本村博之校長は「皆さんの頑張る姿が後輩たちの刺激になる。さらに研究を深めてほしい」と激励した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!