04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2016年7月7日(木)9:03

沖縄公庫理事長に川上氏

海外クルーズ船の需要に期待


沖縄公庫理事長に就任した川上氏(右)と前理事長の譜久山氏=6日、本社

沖縄公庫理事長に就任した川上氏(右)と前理事長の譜久山氏=6日、本社

 1日付で沖縄振興開発金融公庫の理事長に就任した川上好久氏と、前理事長の譜久山當則氏が6日、宮古毎日新聞社を訪問した。川上氏は、宮古に海外からのクルーズ船寄港が増えていることを挙げ「ダイレクトに需要がやってくる。沖縄の離島がこれだけ輝きを増した時代はなかった」と印象を話した。

 川上氏は、伊良部大橋開通後、有効求人倍率が上昇したことを示して「直接的な需要が発生する所が活況を呈する。新しい離島振興のモデルになる」と期待。下地島空港の利活用も控えていることから「宮古経済の先行きは明るい」と語った。

 川上氏は1954年生まれ。名護市出身。大阪大卒。77年に県庁入り。企画部長、総務部長などを歴任し、仲井真弘多県政の下、2013年4月~14年12月まで副知事を務めた。

 理事長就任は県出身者としては3人目。県庁出身者では初となる。

 川上氏は、県内経済が右肩上がりで推移していることについて「沖縄経済全体が新しいステージに入っているのではないかと期待している」と分析。「今のような動きを着実に取り込み成長を続けていけば、経済規模が拡大し県民所得の全国最下位は脱却できる」と強調。具体的には観光リゾート産業の伸びや情報通信関連産業での雇用拡大などを挙げた。

 譜久山氏は、1972年に設立された沖縄公庫に「2期生」として入り、以来、43年間勤めた。

 クルーズ船の乗客が、街を闊歩(かっぽ)している状況を目の当たりにして「新しい商売を始める絶好のチャンス。公庫としても応援していきたい」と話した。

 農林漁業セーフティネット資金等(無担保無保証人)の融資状況を示し「備えあれば憂いなし。いざとなったら公庫が支援する体制や仕組みができている。安心して将来に向けて投資してほしい」と述べた。

 本社の平良覚社長、伊志嶺幹夫専務が対応した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!