06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
産業・経済
2016年7月9日(土)9:04

免税店が新規開店/「MIYAKO PLAZA」

海外クルーズ客に対応


テープカットで開店を祝う鄒社長(右から3人目)ら関係者たち=8日、平良西里の「MIYAKO PLAZA」

テープカットで開店を祝う鄒社長(右から3人目)ら関係者たち=8日、平良西里の「MIYAKO PLAZA」

 アジアからの観光客をターゲットとした免税店を全国で展開している「アレキサンダー・アンド・サン」(本社・東京、鄒積人社長)が8日、宮古島に免税店「MIYAKO PLAZA」をオープンさせた。初日午前にはオープニングセレモニーが行われ、関係者らが集いテープカットなどで開店を祝った。

 同社は東京、大阪、愛知、福岡、北海道などで免税店を経営していて、「MIYAKO PLAZA」は国内10店舗目、県内では沖縄店(糸満市)に次いでの2店舗目となる。

 サンエーショッピングタウン宮古の向かいにオープンした同店は中国、台湾などからの海外クルーズ船で来島する団体客をメーンターゲットとし、日本製の家電や腕時計、カメラ、化粧品や健康食品、薬などのほか、地元特産品なども販売している。売場面積は約360平方㍍。営業時間は原則、午前9時から午後6時で、クルーズ船入港日のみの営業を予定している。

 セレモニーには鄒社長と同社の江春智最高顧問、下地敏彦市長、宮古島商工会議所の下地義治会頭、宮古島観光協会の豊見山健児会長らが出席。テープカットと鏡開きで開店を祝った。

 鄒社長は「アジア諸国からの観光客に日本へ来た良い思い出になるような商品を販売し、成長していきたい」とした上で「宮古島の魅力を大いにアピールして、宮古島の発展とともに来島する観光客に喜んでもらえるよう最善を尽くしていきたい」と抱負を述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!