04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
スポーツ
2016年7月10日(日)9:04

宮高、八重商工に敗れる/全国高校野球沖縄大会

好機でヒット出ず


試合後、応援席を前に整列する宮高選手

試合後、応援席を前に整列する宮高選手

 【那覇支社】夏の甲子園を目指す全国高校野球沖縄大会で9日、宮高は3回戦で八重山商工と対戦し、0-4で敗れベスト8進出はならなかった。3年生は、後輩たちに夢を託した。

 試合は午前9時から北谷公園野球場で、雨天による中断を挟みながら行われ、駆け付けた関係者らも、スタンドから懸命の応援をした。

 宮高は二回表、砂辺真吾がヒットで出塁し、知念明天也が右前打を放って一、三塁のチャンスをつかんだ。四回表にも四球で一、二塁となるなど、何度も得点圏へ走者を進めたが、あと一歩及ばなかった。

 一方、八重山商工は四回裏に先制点を取った後も着実に点を重ねた。打球が三塁ベースに当たって大きく跳ね上がり、得点につながる場面もあった。

 瀬名波幹智監督は試合後、「1点でも入ったら流れも変わったと思う。逆転の機運を高めていきたかった。選手たちは、いろいろプレッシャーがある中、よく頑張ってくれた。あと一本というところだけだ」と選手たちをねぎらった。

 新チームに向けては、「今日、八重山商工は12安打で宮高は5安打。この差は大きいと思う。打撃向上は必要だ。もう一回鍛えていきたい」と話した。

 上原健史主将は、「3回戦が山場とみんなで言ってきたが、勝てなくて悔しい。何度も(相手の試合の)ビデオを見て研究したが、それ以上に相手も攻略してきた」と試合を振り返った。

 その上で、「3年生は人数が少ない中でやってきたが、下の代からはメンバーも充実しているので、個人とチーム力も上げながら鍛えていってほしい」と後輩たちへエールを送った。

宮古高校
000000000|0
00010102×|4
八重山商工
(宮)下地、友利洋-上原健
(八)平良海、黒島-前粟蔵
 ▽三塁打=前粟蔵(八)
 ▽二塁打=前粟蔵(八)、安里(八)、上地(八)、知念(宮)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!