04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2016年7月15日(金)9:05

県産品の優先使用を

宮古島市、多良間村に要請/県工業連合会など


長濱副市長(右)に県産品の優先使用を要請する古波津団長=14日、市役所平良庁舎

長濱副市長(右)に県産品の優先使用を要請する古波津団長=14日、市役所平良庁舎

 7月の県産品奨励月間にちなんで県産品奨励キャンペーン要請団の古波津昇団長(県JIS協会長、拓南製鐵社長)ら18人は14日、市役所平良庁舎を訪ね、長濱政治副市長に県産リサイクル製品を含む県産品の優先使用を要請した。併せて市議会(棚原芳樹議長)に県産品の優先使用を決議するよう要請した。

 古波津団長らは前日、多良間村(伊良皆光夫村長)と村議会(森山実夫議長)に同様の要請を行った。

 平良庁舎で、古波津団長は「われわれ業界も生産技術および品質向上に向けて、懸命に努力するので、『2016年県産奨励月間』の趣旨をご理解いただき、県内企業への優先発注および県産品の優先使用をお願い申し上げる」と協力を求めた。

 長濱副市長は、宮古空港前で建設中のドーム型で全天候型のスポーツ・伝統文化交流拠点施設で県産品の資材を活用していることなどを説明した上で「今後とも県産品の優先使用を盛り上げていきたい」と答えた。

 要請書は、県工業連合会の呉屋守章会長、同協会の古波津会長、県酒造組合の玉那覇美佐子会長、県商工会連合会の當山憲一会長、県商工会議所連合会の國場幸一会長の連名で行った。

 県産品奨励運動は、県産品の需要拡大を図ることで、県内企業の育成強化と雇用拡大を促進し、もって県経済の活性化を推進するのが目的で、業界、行政、消費者団体などが一体で進めている活動。

 同連合会は「積極的な県産品の愛用は、域内の経済循環を高め、地場産業の振興・発展に大きく寄与するとともに、雇用の創出・確保など地域活性化に直接つながる有効な手段である」とアピールしている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!