06/16
2024
Sun
旧暦:5月11日 先負 辛 
社会・全般
2016年7月17日(日)9:07

来年4月供用開始 ドーム型がお目見え/進ちょく率50%

天候に左右されず各種行事/スポーツ観光交流拠点施設


進ちょく率が50%となり建物の外観がお目見えしたスポーツ観光交流拠点施設=13日、平良下里

進ちょく率が50%となり建物の外観がお目見えしたスポーツ観光交流拠点施設=13日、平良下里

 建設中のスポーツ観光交流拠点施設の建物外観がお目見えした。宮古では初のドーム型施設で、天候、季節に左右されずに、年間を通してスポーツや各種イベントに対応できると期待を集めている。市振興開発プロジェクト局によると、進ちょく率は6月末で約50%。来年4月の供用開始を目指す。

 建設場所は宮古空港東側で、駐車場を含む総敷地面積は約4万1576平方㍍。用地は市が久貝、松原両自治会から6030万円で購入した。

 建物は全天候に対応するドーム型で、建築面積は5952平方㍍。アリーナ面積は約3600平方㍍、高さは約25㍍。フットサルコートが2面、ゲートボール場は6面の配置が可能となる。

 音楽イベントにも対応、災害時には空港からの一時避難所となるよう計画されている。駐車スペースは約500台。

 市は同施設の有効利用を図るため、振興開発プロジェクト局に担当職員2人を配置し、関係機関への協力依頼と供用開始の周知を含めた宮古島のPR活動を展開。イベントなどの誘致へ向けた取り組みを強化している。

 市では既存のイベントとしてトライアスロン行事やクイチャー大会、産業まつり、音楽イベントなどでの利用を想定しているが、新規イベントの誘致にも積極的に取り組む考えだ。

 市によると、総事業費43億円余で、うち8割は一括交付金を充て、残り2割は国からの借入金。借入金のうち1割は交付税措置されることから市の負担分は総事業費の1割としている。

 同施設を巡っては、総事業が当初計画では約30億円だったが、建築資材の高騰や人件費の増加、消費税率アップにより事業費が膨れ上がった。

 一部議員からは、一点集中型の予算編成で、他の事業へのしわ寄せに懸念が寄せられた。

 また、膨大な事業費に加え、ゲートボールやフットサルなどの限られた室内スポーツしか利用できないことなどから見直しが求められた経緯がある。

 同施設に隣接する土地には、サンエー(本社・宜野湾市)が大型ショッピングセンター「サンエー宮古島シティ」(仮称)を出店させる計画で、18年春着工、19年秋ごろオープンを予定している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!