04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
教育・文化
2016年7月29日(金)9:03

教育に「必要な力」学ぶ/ライオンズク

教諭らフォローアップ研修


思春期のライフスキルについて学ぶ参加者ら=28日、宮古教育会館

思春期のライフスキルについて学ぶ参加者ら=28日、宮古教育会館

 ライオンズクラブ国際協会337-D地区主催の「思春期のライフスキル教育『ライオンズクエスト』ワークショップおよびフォローアップ研修』」が28日、宮古教育会館で2日間の日程で始まった。ワークショップには、平良中と鏡原小、同中の教諭のほかPTAの代表らが参加して、子供たちが人と豊かにかかわり合いながら、自分らしく生きるために必要な力(ライフスキル)を取得させる方法を学んだ。



 あいさつで宮古ライオンズクラブの新山広明会長は「きょうはライフスキル教育についていろいろなことが体験できると思うので子供たちのためにも多くのことを学んでほしい」と呼び掛けた。


 講師には、ライフスキル教育講師の北山敏和さんを招き、2日間のワークショップがスタートした。


 北山さんは、ライフスキルの授業構造や学ぶことの意義について、参加者に分かりやすく説明した。


 参加者たちに対して北山さんはライフスキルを学ぶ上でよい集団を構成し系統的に学習することの大切さを訴えた。


 よい集団については▽互いのことをよく知っている▽全員が意見、考えを発表できる▽一人一人に役割がある▽ルールがあり、みんなが守る▽互いに思いやりを持って接する-ことを紹介した。 


 参加者たちは、今後の授業や取り組みに生かそうと、北山さんの講話内容に真剣な表情で聞き入っていた。


 この取り組みは、思春期の子供たちが必ず遭遇する人間関係の苦悩や葛藤に対し、どう向き合い克服すればよいか、人とどうコミュニケーションをとり、豊かにかかわり合いながら自分らしく生きることを体系的に学ぶことを目的に実施された。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!