04/17
2024
Wed
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
教育・文化
2016年7月31日(日)9:05

海の恵みに感謝

船釣りなど体験学習/池間小中PTA主催


保護者らが見守る中、子どもたちは魚さばきに挑戦した=30日、池間島

保護者らが見守る中、子どもたちは魚さばきに挑戦した=30日、池間島

 併置校の池間小中学校PTA(親泊瑞姫会長)主催の海の体験学習が30日、池間島のカギンミ海岸で開催された。児童・生徒とその保護者、教員、漁師、住民ら総勢約80人が参加。子どもたちは、海の恵みに感謝し、海の大切さを実感した。

 小学生の1・2年生8人が磯の生き物観察、3・4年生6人がリーフに棲む魚の学習・シーカヤック体験、5・6年生8人が刺し網漁体験、中学生12人が船釣り体験などを行った。子どもたちは体験を通して、生き生きとした表情を見せていた。

 中学生は、オレンジ色のライフジャケットを着用し、漁船に乗船。漁師の案内で釣りポイントに釣り糸を垂れた。タカサゴやキツネウオなどを釣り上げ「やった」と歓声を上げていた。

 引き潮で干上がった磯では、子どもたちがまな板を敷き、その上で魚をさばいた。包丁で魚のうろこを取り、腸を取り除いた。

 保護者らが中心となって刺し身や油揚げ魚の料理で振る舞った。全員が美味しそうに舌鼓を打ち、笑顔が広がっていた。

 屋嘉比邦昭校長は「保護者や漁師、住民らが、子どもたちのために積極的に協力してくれたので、とても良かった」と感謝した。

 親泊会長は「暑い中、子どもたちのために地域住民が多く参加し、感謝でいっぱい。イベントは大好評だった」と笑顔で振り返った。

 沖釣りを体験した平良尚也君(3年)は「船酔いできつかったが、義務教育最後の良い思い出になった」と額に汗を浮かべて話した。

 奥平姫音さん(2年)は「タカサゴを15匹釣った。意外に多く釣れた」と声を弾ませていた。

 同学習は、ふるさとの良さを知り、池間島を愛する幼児・児童生徒を育てるなどが狙いで開催された。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!