06/19
2024
Wed
旧暦:5月14日 赤口 甲 
スポーツ
2016年8月3日(水)9:00

決勝5位の友利君帰島/全国インターハイ走高跳

史上初の入賞祝う


全国インターハイで5位入賞し帰島した友利響平君(中央)。左は渡久山

全国インターハイで5位入賞し帰島した友利響平君(中央)。左は渡久山


 陸上の全国高校総体男子走高跳で5位に入賞した宮古総合実業高校3年の友利響平君らが2日午後、帰島した。空港には多くの学校関係者が訪れ、宮古島市の高校生では史上初となる入賞を祝福した。大山正吾教頭は「全国という舞台で力を出し切ったことが素晴らしい」と高く評価し、友利君らの活躍をたたえた。




 友利君は1日、岡山県総合グラウンド陸上競技場で行われた走高跳で2㍍4を跳び、5位に入賞した。前回は記録なしに終わった大会で結果を残した。
 この大会には、同校3年の渡久山豊君も男子ヤリ投に南九州代表として初出場した。

競技では59㍍97の自己最高記録を投げたが、決勝進出はならなかった。
 友利君と同じ走高跳に出た宮高3年の川満郁弥君も決勝には進めなかった。
 2日午後、空港の到着ロビーには多くの学校関係者が訪れた。友利君が姿を現すと、

入賞を記した横断幕と「おめでとう」の言葉で快挙達成を祝福した。
 報告会で顧問の平良勤教諭は「2人とも落ち着いて競技に集中していた。それぞれ持

っている力をほぼ全部出し切った上での結果だと思う」と、大舞台で力を発揮した2人

を評価した。
 続いてあいさつした友利君は「多くの支えと激励のおかげで入賞することができた。

少し恩返しができたと思う」と感謝した。「2人とも必ずしも満足できる結果ではない

。もっと上を目指して頑張りたい」と競技者としてさらに高みを目指す決意も語った。
 大山教頭は「この大会で得た経験を毎日の学校生活で生かし、さらに自分を磨いてほ

しい」と期待した。
 報告会終了後、マスコミ各社の質問に答えた友利君は「予選と決勝が分かれているイ

ンターハイで結果が残せたことはトレーニングの成果だと思う」と練習の成果を誇った

。「決勝では高いレベルで争うことができて楽しかった。大学でも競技を続けるが、良

い経験になった」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!