06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
イベント スポーツ
2016年8月3日(水)9:04

第32回トライ大会の感動再現/ストロングマン写真展

12日までモノレール県庁前駅


第32回大会の写真約60点が展示された「2016ストロングマン写真展」=2日、那覇市の沖縄都市モノレール県庁前駅構内

第32回大会の写真約60点が展示された「2016ストロングマン写真展」=2日、那覇市の沖縄都市モノレール県庁前駅構内


 【那覇支社】「海・風・太陽(てぃだ) 熱き想い 君を待つ」のテーマで、4月17日に開催された第32回全日本トライアスロン宮古島大会の感動を紹介する「2016ストロングマン写真展」(主催・同実行委員会、琉球新報社)が2日、那覇市の沖縄都市モノレール県庁前駅構内で始まった。12日まで。






 毎年恒例の写真展では、今大会の出場選手がバイク・ランで競う白熱したレース展開の模様や、家族、友人らが温かく迎える感動のゴール、沿道から応援する地域住民の熱気、外国人選手との交流会など、宮古島が熱く燃えた大会の模様を紹介する写真約60点を展示している。
 開会セレモニーで、大会長の下地敏彦市長は「写真展を通して宮古島大会を県内外に広く紹介し、知名度をさらに高めていきたい。体力の極限に挑むストロングマンと、彼らを支える市民ボランティアの献身的な姿をぜひ見てほしい」とあいさつした。

 写真展共催の沖縄都市モノレールの美里義夫社長、大会協賛社代表で日本トランスオーシャン航空(JTA)の東川平靖取締役執行役員はあいさつで、多くの県民の来場を呼び掛けた。
 出席した沖縄宮古郷友連合会の古波蔵和夫会長は「回を重ねるごとに大会もグレードアップされており、写真展の開催などで宮古島を大いにアピールして、観光客の増加につなげればと思う。連合会も郷友らに働き掛けて次回大会を盛り上げたい」と話していた。

 同写真展は宮古毎日新聞社や琉球新報社などマスコミや個人・団体が写真提供した。フロアでは大会の過酷な鉄人レースを再現したDVDも放映している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!