04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
教育・文化
2016年8月11日(木)9:04

本物の芸術に触れる/みやこじま青少年国際音楽祭

郭さんの二胡の演奏に会場は静まり返り、その音色に聞き入った=9日、マティダ市民劇場

郭さんの二胡の演奏に会場は静まり返り、その音色に聞き入った=9日、マティダ市民劇場

 みやこじま青少年国際音楽祭(主催・同実行委員会)が9日、マティダ市民劇場で開催された。国内外から招いた豪華なゲストと宮古島市のジュニアオーケストラのメンバーが美しい演奏を披露し、会場に詰め掛けた観客を魅了した。

 今回は「日本・台湾を代表する二胡、バイオリン、チェロ奏者と宮古島の子供たちが紡ぐ一期一会の瞬間」と題して、台湾から二胡奏者の郭珊如さん(国立台湾師範大学国学団二胡首席奏者)、チェロ奏者の陳建安さん(国立交通大学音楽研究所教授)を招いて行われた。

 第1部では、ジュニアオーケストランのメンバーがビバルディーの「調和の霊感」と「四季」の中で、バイオリンやチェロのソロ演奏を行い、これまで練習してきた成果を披露した。

 第2部からは、ジュニアオーケストラとゲストが一緒にクラシックの名曲や「涙そうそう」などを演奏した。

 二胡奏者の郭さんが、二胡の美しい音色を奏でると、会場は静まり返り、その音色に聞き入っていた。

 同実行委員長の下地敏彦市長は「宮古島はジュニアオーケストラが活動する日本最南端の島。この音楽祭は、国内外の一流演奏家を招き、その素晴らしい演奏を聞くことで多くのことを学ぶ機会にもなっている。きょうは最後までゆっくり楽しんでほしい」とのあいさつを寄せた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!