06/22
2024
Sat
旧暦:5月16日 友引 丙 夏至
政治・行政
2016年8月17日(水)9:06

かやぶき屋根の休憩所完成/市熱帯植物園

「ゆかぁまち」でおもてなし


ススキや流木などを使って完成させたかやぶき屋根の休息所「ゆかぁまち」=16日、市熱帯植物園

ススキや流木などを使って完成させたかやぶき屋根の休息所「ゆかぁまち」=16日、市熱帯植物園

 市みどり推進課は宮古森林組合の協力を得て、市熱帯植物園の一角にかやぶき屋根の休憩所を設置した。約40人が休める空間には、椅子やテーブルを配置し、自然の風を受けながらくつろぐことができる。同課では「昔ながらの宮古の雰囲気に包まれながら、ゆったりとした時間を過ごしてほしい」と利用を呼び掛けている。

 かやぶき屋根の休憩所は、宮古方言で「ゆかぁまち(休んでください)」と「命名」。かやぶきの民家は屋根が急勾配だが、この休憩所は、風の通りを良くして多くの人が休めるようにと屋根をほぼ平面にした。

 屋根には乾燥させたススキを使用。中央の柱には、流木のラワンの丸太を、屋根を支える柱には、間引きしたイヌマキをそれぞれ材料にした。

 椅子やテーブルも手作りで、一部の椅子は台風の高波で壊れたインギャーマリンガーデン(城辺友利)の遊歩道の床板を使うなど、「リサイクル精神」が垣間見える。

 近くには体験工房があり、同課では「かやぶき屋根の下で、チガヤや貝細工、藍染め、シーサー作りなども体験できる。観光客や修学旅行生らの宮古での思い出づくりの手助けになれば」と活用を期待している。

 同課の根間正三郎課長が図面を作成した。「かやぶき屋根は技術が必要。後世にその技術を引き継いでいこうという気持ちも込めた」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!