06/22
2024
Sat
旧暦:5月16日 友引 丙 夏至
産業・経済
2016年8月21日(日)9:04

新鮮な海の幸どっさり/佐良浜

イカ、アイゴ水揚げ


新鮮なイカを取り引きした関係者=20日、佐良浜漁港

新鮮なイカを取り引きした関係者=20日、佐良浜漁港

 小振りのアオリイカ50㌔とアイゴの仲間のシモフリアイゴ50㌔の計100㌔が20日、佐良浜漁港に水揚げされた。仲買人らは漁師と取り引きを行い、笑顔で地元住民に販売していた。

 アオリイカは、これから成長するために多く餌を取る。このため、身が柔らかく、厚い身に甘みが増し、イカ墨(すみ)汁や刺し身には最適とされる。イカは冷凍しても品質に大きな変化はない。

 一方、シモフリアイゴは良型に成長し食べやすくなっている。食卓には煮付料理や刺し身で上るのが多い。

 消費者に販売されるキロ当たりの価格は、アオリイカが2000円、シモフリアイゴが700円。

 アオリイカを買い求めた60代の女性は「イカ墨汁を味わい、お腹の調子を良くしたい」と語っていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!