04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
教育・文化
2016年8月26日(金)9:06

宮高がコンテストV/ダンスキャンプ

2on2はOKINAGO/キャンプの成果を披露


ダンスコンテストで1位を獲得した宮古高校ダンス部のステージ=25日、マティダ市民劇場

ダンスコンテストで1位を獲得した宮古高校ダンス部のステージ=25日、マティダ市民劇場

 「2016ダンスキャンプin宮古島」は25日、ダンスコンテストと2on2バトルを行い、コンテストは宮高が1位、2on2バトルはOKINAGOが優勝した。キャンプはこの日で終了した。参加した46人はダンスのことだけを考えるキャンプを通して技術を磨き、ダンスで知り合った仲間との絆を深めた。

 市の教育委員会が主催するダンスキャンプは23日に始まった。宮古島市と沖縄本島、八重山の子どもたちが参加し、プロのダンサーの指導を受けた。

 最終日のダンスコンテストには平良中、宮高、BaBeXX(八重山高校ダンス部)、Bombshellがエントリーし、3日間の成果を競い合った。

 それぞれ趣向を凝らした舞台演出と持てるパフォーマンスを発表。アップテンポの音楽に合わせてパワフルに踊って歓声を浴びた。

 即興の音楽に乗って踊る2on2バトルでも高いスキルが見られた。2人ずつが向き合い、交互に踊ってその技術を競うバトルに観客はくぎ付けだった。

 GBキッズによるエキシビションや、プロダンサーによるショーケースも行われた。最後は全員で踊ってキャンプを締めた。

 ダンスコンテストを制した宮高ダンス部部長の砂川柚香(ゆずか)さんは「振りをつくる時間がなくて発表内容を高められるかどうか不安だったけど、評価をもらってうれしい」と満面の笑みで語った。

 キャンプについては「沖縄の同世代とダンスを通して交流ができた。ダンスの広がりを感じたし、好きなことに打ち込む時間はとても楽しかった」と話した。

 2on2バトルのOKINAGOは、名護中3年の崎山大雅(たいが)君と普天間高2年の山原夢叶(ゆめか)さんのチームで、柔軟性と躍動感にあふれるダンスで優勝を飾った。崎山君は「山原さんとは初めて組んだけど、うまくできた」と話し、「キャンプは勉強になった。温かい人たちと触れ合うことができた」と振り返った。

 山原さんは「沖縄本島での活動とは違う雰囲気の中で多くを学んだ。同じ世代の高校生と踊ることができて本当に楽しかった」と充実した表情で話した。



記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!