05/28
2024
Tue
旧暦:4月20日 大安 辛 
政治・行政 社会・全般
2016年8月27日(土)9:04

事前キャンプ誘致推進へ/東京五輪・パラ

沖縄県と20市町村 第1回委員会開催


東京五輪・パラリンピック事前合宿誘致に向けた「沖縄2020事前キャンプ等誘致推進委員会」メンバーら=26日午後、那覇市

東京五輪・パラリンピック事前合宿誘致に向けた「沖縄2020事前キャンプ等誘致推進委員会」メンバーら=26日午後、那覇市

 【那覇支社】沖縄県と宮古島市を含む20市町村、沖縄県体育協会は26日、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに参加する各国チームの事前合宿を誘致することを目的として、「沖縄2020事前キャンプ等誘致推進委員会(会長・翁長雄志知事)」の第1回会合を那覇市で開催した。

 会議では、事前合宿の誘致案も提示された。今後変更の可能性があるが、宮古島市は誘致する合宿として陸上競技を第一希望、トライアスロンを第二希望にしているという。受け入れ先の競技施設としては、宮古島市陸上競技場や市総合体育館、スポーツ観光交流拠点施設などを想定している。

 委員会では安慶田光男副知事が「東京五輪・パラリンピックでは、多くの国と地域の選手が日本国内で事前キャンプを行う。県は、これまでも多くのスポーツ合宿を受けれてきた実績がある。今後は全国の自治体が誘致活動を行うが、県・市町村・県体育協会が一体となって誘致活動を展開し、一件でも多くの事前キャンプの誘致をして頂きたい」とあいさつした。

 また、佐久本嗣男県体育協会副会長も「リオオリンピックで活躍した柔道やバドミントンなどは、今年初めに県内で強化合宿している。また、本県の多くの子供たちがトップアスリートの稽古に触れ、交流を通して得た知識や夢は、いつしか発展して世界で活躍できる選手に成長していく。県内市町村などと連携協力して、『スポーツアイランド沖縄』の実現に向けて取り組みたい」と述べた。

 東京五輪・パラリンピックの各国選手団の事前合宿については、地元スポーツ界のレベルアップのほか、地域経済への効果も期待されている。

 宮古島市も昨年9月、下地敏彦市長が女子バレーボールのキューバチームに事前合宿を要請している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!