02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
社会・全般
2016年8月27日(土)9:06

飲酒運転防止へ資格目指す/インストラクター養成講座

宮古島で初開催へ/参加予定者が意気込み


「飲酒運転防止インストラクター」を目指す講座参加予定者の皆さん=26日、宮古島署

「飲酒運転防止インストラクター」を目指す講座参加予定者の皆さん=26日、宮古島署

 アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)が認定する「飲酒運転防止インストラクター」の養成講座が宮古島では初めて9月から始まる。市内事業所や協会など14団体から16人が参加予定で、飲酒運転防止の研修を行えるインストラクターの資格取得を目指す。受講式が26日に宮古島警察署で開かれ、参加予定者が顔合わせをするとともに資格取得への意気込みを語った。

 養成講座では、まず通信スクールで三つの講座を受講し、3回の通信添削で60点以上を取ることができれば、12月に開催される地区別スクーリングに参加できる。スクーリングではASKの上級インストラクターが参加型研修のメニューを指導する。スクーリング後は参加者が職場や地域で実際に参加型研修を行い、その結果を実践報告シートに記入し、研修時の写真とともに提出することでインストラクターに認定される。

 宮古島署交通課の署員から講座のスケジュールについて説明を聞いた参加予定者たちは、「インストラクターを目指してみんなと頑張りたい」や「さまざまな知識を身に付けて職場や社会に貢献したい」、「飲酒運転だけでなく路上寝など飲酒がらみの問題の防止についても勉強したい」など一人一人が抱負や意気込みを語った。

 宮古島署の大城辰男署長は「スクーリングは通常、大きな都市でしか行われないが、今回は特別枠として宮古島で開催されることになった。皆さんが学ぶ知識を地域のために生かしてほしい」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!