06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
政治・行政
2016年9月2日(金)9:05

近日中に選考委発足/来年の市長選

野党ら候補者擁立目指す

 来年1月の市長選挙に向けて、翁長雄志県政と連携し「オール沖縄」の掲げる勢力が8月31日、市長選の候補者選考についての協議を行った。近日中にも選考委員会を発足させ、今月中には候補者擁立を目指すとしている。6月の県議選、7月の参院選とも下地敏彦市長の政治姿勢を問題視し「市政刷新」を前面に押し出した選挙を展開し支持拡大を図ったことから、今後の候補者選考の動きが注目される。

 この日は、亀濱玲子県議や上里樹氏、新城元吉氏、國仲昌二氏の3市議と旧市町村の地域代表、県議選と参院選における後援会の共同代表ら約30人が選考方法や選考基準などについて意見を交換した。

 選考委員会は、市議会9月定例会が始まる6日までには発足したいとしている。

 参加したメンバーからは「下地市長は9月定例会の中で出馬について態度を表明すると思う。私たちとしても今の下地市政に常に『NO』を突きつけた選挙を行ってきた。早急に広い層で大同団結が図れる候補者を擁立したい」との声が聞かれた。

 今回の会合では「翁長県政と連携して、市政刷新を図る」など、7項目の選考基準について確認した。

 これに対して保守系も、近日中に動きが活発化しそうな様相となっている。

 ある与党市議は「下地市長は、各方面で市長選への意欲を示しており、9月定例会の期間中には3期目の出馬を表明するだろう」と話す。

 しかし、分裂選挙となった県議選やその後の参院選のしこりは、いまだに解消されていない。

 別の与党市議は「現職でそのまま一本化されるかどうかはまだわからない。別の人物を求める声もある。今後、いろいろな動きが生まれる」と話す。

 そのほかにも、その動向が注目される21世紀新風会は「現段階では白紙。各方面の動きを見極めた上でいろいろ考えたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!