09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
政治・行政 社会・全般
2016年9月3日(土)9:07

「旧大福牧場」は断念/陸自配備計画

「千代田」中心に整備へ/若宮防衛副大臣が市長に説明


若宮副大臣(正面左から3人目)が旧大福牧場への配備断念と千代田における施設配置案について市当局に説明した=2日、市役所平良庁舎

若宮副大臣(正面左から3人目)が旧大福牧場への配備断念と千代田における施設配置案について市当局に説明した=2日、市役所平良庁舎

 宮古島への陸上自衛隊配備計画について、若宮健嗣防衛副大臣が2日、市役所平良庁舎を訪れ、下地敏彦市長に旧大福牧場周辺への配備は断念することを明言するとともに、今後は千代田カントリークラブを中心に整備していく方針を示した。配備部隊については、警備部隊と地対艦誘導弾部隊、地対空誘導部隊700~800人規模で、近隣住民から騒音被害の懸念が出ていたヘリパッドについては配備しないとしている。

 若宮副大臣は「市が6月に受け入れを表明してくれたことにあらためて感謝する。旧大福牧場については検討した結果、整備しないこととなった。千代田を中心に駐屯地を配備したいので、きょうはその施設配置案を説明したい」と述べた。

 配置については、隊員のための隊庁舎、倉庫、車輌整備工場、福利厚生施設、グラウンド、隊員家族の宿舎等を整備する計画となっている。

 若宮副大臣は「ヘリパッドや大福に予定していた地対艦誘導弾、地対空誘導弾を保管する火薬庫を整備する計画はない。この配置案に基づいて必要な手続きを進めさせてほしい」と述べた。

 そのほかにも、若宮副大臣は「部隊の配置に伴い、周辺地域との調和を図るための周辺環境整備事業についても要望があれば相談したい。私たちとしても南西諸島における防衛体制の充実強化のために宮古島への部隊の配置を着実に進めていきたいと考えている。市長、市民の皆さんにはこれからも支援、と協力をお願いしたい」と話した。

 これに対して下地市長は「配置案の内容を見たところヘリポートや弾薬庫などは一切無いとのことなので、そういう意味では一安心している。この提示された配置案に基づき、関係法令等に関する書類等を提出してもらえれば、その内容を精査して迅速に対処したい」と協力を約束した。

 配備に向け、協力を約束した下地市長に対して若宮副大臣は「緊急事態や災害時、急病人やけが人の発生などの緊急時について我々は全国でさまざまな活動している。今回の配備は市民の命を守ることにもつながると思う。精一杯頑張らせてほしい」と話した。

 千代田への陸自配備について、防衛省は2017年度予算の概算要求で351億円を求めている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!