06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
社会・全般
2016年9月3日(土)9:05

最優秀賞に垣花彩葉さん(平一小1年)/宮古空港ターミナル

「未来の空港」絵画コン


最優秀賞に輝いた垣花彩葉さん=2日、宮古空港

最優秀賞に輝いた垣花彩葉さん=2日、宮古空港

 全国空港ビル協会創立30周年記念事業の一環で、宮古空港ターミナル(下地義治社長)は2日、子どもたちが考える「未来の空港」絵画コンテスト表彰式を行った。下地社長が最優秀賞に輝いた垣花彩葉(いろは)さん(平一小1年)に賞状と記念品目録を贈った。同コンテストは今回が初めて。垣花さんの作品名「結晶空港」は同協会に送られ、全国大会で審査される。

 同コンテストのテーマは「子どもたちが描く「未来の空港」。全国の応募対象は小学1~3年生で、宮古では14点の応募が寄せられた。

 宮古での審査では、優秀賞に川満笑心さん(鏡原小1年)の作品名「あおぞら空港」と座喜味陽大君(東小3年)の同「空港」が選ばれた。全14点の作品は、今月いっぱい同空港1階で展示されている。

 垣花さんは作品について「氷のお城をイメージした空港です。暑い夏でも中は涼しいです」とコメントを寄せている。

 表彰式で、下地代表は「創造性やデザイン性などで審査した。子どもたちの作品は、子どもらしい発想で遊び心があって良かった」と高く評価した。

 表彰式に同席した垣花一徳さん(34)は「娘の彩葉ちゃんは、応募締め切り日当日に作品を仕上げた。最優秀賞に選ばれたので、家族でお祝いする」と笑顔で語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!