05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2016年9月8日(木)9:03

崖下10㍍から男性救助/市消防と海保

ロープレスキュー合同訓練


崖下約10㍍から男性を担架に乗せ引き上げた合同訓練=7日、市消防署格納庫・訓練塔

崖下約10㍍から男性を担架に乗せ引き上げた合同訓練=7日、市消防署格納庫・訓練塔

 宮古島市消防署と宮古島海上保安署は7日、同消防署格納庫・訓練塔を利用した合同ロープレスキュー訓練を実施した。両署の救助隊員合わせて約20人が参加。崖下約10㍍から人形を男性に見立て、担架に乗せて迅速な連携活動に取り組んだ。



 開始式で、同消防署の上原昭宏署長は「現場では、あうんの呼吸を合わせ、お互いの技術を再確認しながら信頼関係を深めてください」と激励した。


 同保安署の大城剛次長は「お互いの連携が円滑に進み、有事の際の連携につなげるように」と励ました。


 訓練は、崖下約10㍍の磯で釣りをしていた男性が、熱中症になり自力での登坂は不可能-と想定。


 隊員2人がロープを使って高さ約1お㍍の壁をすばやく下り、男性の容体が悪化しないよう体を担架に固定。他の隊員らが特殊なロープや滑車を使い、男性を乗せた担架を引き上げた。


 参加者らは、互いに声を掛け合い、実践さながらの訓練を展開した。


 訓練は、実際の現場において統一した意思のもと行動し、互いの資器材について確実に取り扱うことが出来るようにし、安全・確実・迅速な連携活動が行えることを目的に開催された。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!