06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
政治・行政
2016年9月13日(火)9:07

欠損額は2074万円/介護保険料

無年金者多く「納付困難」/市議会文教社会委
国民健康保険は3590万円


 2015年度市介護保険特別会計決算で、不納欠損額2074万円が計上されている。12日の市議会文教社会委員会(佐久本洋介委員長)決算認定審査で詳細が示され、不納となった対象者363人のうち約230人が無年金者であることが分かった。担当の福祉部は「納付が困難な世帯が多い」と現状を報告した。低所得を理由とする未払いは国民健康保険料でも発生しており、欠損額は3590万円に及んでいる。



 介護保険特別会計決算によると、保険料の調停額は9億7550万円で収入済額は9億540万円。時効2年が成立し、不納欠損として処理される2074万円を除外した収入未済額は4927万円となった。


 委員会では、複数の委員が徴収できない理由と経緯を求めた。これに対し豊見山京子部長は「363人のうち63%が無年金の低所得者層であり、納付困難な世帯が多い」と答えた。


 徴収体制については「農業収入がある時期などに訪問してお願いしている」と報告したが、低所得層からの徴収の厳しさを説明しながら理解を求めた。


 不納処理となった人に課されるペナルティーについては「介護保険を利用する時にペナルティーを受けることになる」と述べ、サービスを利用する際に影響が出ることを説明した。


 同様に欠損額を計上している国保事業特別会計決算の15年度調停額は億4996万円で、収入済額は11億6137万円だった。不納欠損額3590万円を除く収入未済額とした3億5268万円を計上した。


 担当の生活環境部は、不納欠損にかかる件数は6903件とし「低所得、生活困窮者が多く、5年の時効を迎えた」と述べた。併せて国保加入者の約4割が納税免除を受ける低所得者という実態を報告した。


 徴収強化を求める指摘に対しては、督促、訪問、差し押さえを実施しながら対処していることを挙げ、年度以降の差し押さえ件数は毎年100件以上に及んでいる実績を報告した。


 そのほか「指導員10人で体制を強化しており、特に1~3月は力を入れて徴収に当たっている」と日常の取り組みを説明した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!