07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
教育・文化
2016年9月14日(水)9:01

親子で「シーシャ」作り/南小で十五夜控え

空き箱や空き缶利用し


シーシャガウガウ作りに挑戦し完成させた児童=13日、南小学校

シーシャガウガウ作りに挑戦し完成させた児童=13日、南小学校

 旧暦8月15日に当たる15日の「十五夜」に向け、南小学校(前泊直子校長)で13日午後、2年生99人とその保護者を対象にした「シーシャ作り」が行われた。親子で絆を深めながらそれぞれ世界に一つだけのシーシャを完成させた。

 子どもたちが十五夜に舞う獅子舞を「シーシャガウガウ」と呼んでいる。旧平良市では、昔から満月の下、子どもたちが家々を回り、シーシャガウガウで踊ったり歌ったりして厄を払い、福を招いた。伝統の行事を楽しんだ各家庭では、子どもたちに感謝の気持ちを伝える菓子を贈り、喜ばせた。

 宮古青少年の家職員の奥濱実さんがボランティアでシーシャ作りを指導し、平良第一民生委員と宮古更生保護委員会が協力した。
 参加らは、空き箱や空き缶、ペットボトルなどの材料を使って仕上げた。

 シーシャを手に持った当間ゆきあつ君は「十五夜には、お友だち5人でシーシャガウガウをする。きょうからワクワクドキドキしている」と少し緊張した表情で語った。

 生活科の一環で実施。単元名は「わたしたちの あきまつり」。身の回りにある廃品などを活用して、シーシャを作り、みんなで工夫して楽しむ目的で開かれた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!