06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
教育・文化
2016年9月14日(水)9:01

親子で「シーシャ」作り/南小で十五夜控え

空き箱や空き缶利用し


シーシャガウガウ作りに挑戦し完成させた児童=13日、南小学校

シーシャガウガウ作りに挑戦し完成させた児童=13日、南小学校

 旧暦8月15日に当たる15日の「十五夜」に向け、南小学校(前泊直子校長)で13日午後、2年生99人とその保護者を対象にした「シーシャ作り」が行われた。親子で絆を深めながらそれぞれ世界に一つだけのシーシャを完成させた。

 子どもたちが十五夜に舞う獅子舞を「シーシャガウガウ」と呼んでいる。旧平良市では、昔から満月の下、子どもたちが家々を回り、シーシャガウガウで踊ったり歌ったりして厄を払い、福を招いた。伝統の行事を楽しんだ各家庭では、子どもたちに感謝の気持ちを伝える菓子を贈り、喜ばせた。

 宮古青少年の家職員の奥濱実さんがボランティアでシーシャ作りを指導し、平良第一民生委員と宮古更生保護委員会が協力した。
 参加らは、空き箱や空き缶、ペットボトルなどの材料を使って仕上げた。

 シーシャを手に持った当間ゆきあつ君は「十五夜には、お友だち5人でシーシャガウガウをする。きょうからワクワクドキドキしている」と少し緊張した表情で語った。

 生活科の一環で実施。単元名は「わたしたちの あきまつり」。身の回りにある廃品などを活用して、シーシャを作り、みんなで工夫して楽しむ目的で開かれた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!