06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
政治・行政 教育・文化
2016年9月18日(日)9:07

宮古島市文化協会を表彰/沖縄県

しまくとぅば普及に功労/「方言大会」開催を評価


記念イベントで表彰された大城会長(右)とシンポジウムに出席した謝敷さん=17日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

記念イベントで表彰された大城会長(右)とシンポジウムに出席した謝敷さん=17日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

 【那覇支社】県は「しまくとぅばの日に関する条例」制定10周年記念イベントを17日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催し、今年新たに創設した「県しまくとぅば普及功労者」の表彰式を行い、県内各地域で「しまくとぅば」の普及に功績のあった宮古島市文化協会(大城裕子会長)など6団体と6個人に表彰状と記念品を贈った。

 宮古島市文化協会としての設立は10年目で、現在会員数は550人。6月には「第23回鳴りとぅゆんみゃーく方言大会」を開催した。大城会長は「この賞は宮古方言の普及活動に大変励みになる。市民が豊かな生活を営むようにいろいろ取り組んでいるが、方言の継承は地域文化の基礎をなす大切なこと。今後とも会員一丸となって継承活動に頑張りたい」と喜びを語った。

 記念イベントのシンポジウムでは「しまくとぅばの次の10年に向けて」をテーマにして、地域・団体の代表者や有識者ら6人による活動報告や意見交換を繰り広げた。出席した下地中学校教諭の謝敷勝美さんは、学校現場での生徒たちとの交流を「みゃーくふつ」を交えて紹介した。

 文化観光スポーツ部の前田光幸部長は、今年度に開始する中期「しまくとぅば」普及推進行動計画(2016~18年)を説明し、今後3年間を「県民への普及促進」の期間と位置付けた。しまくとぅば普及センター(仮称)を設置し、県や市町村、民間企業、教育機関などを実施主体にして、人材の養成や学校での話者の活用、宮古島市など5地域の会話集の作成などを主な取り組みとした

 翁長雄志知事(代読・安慶田光男副知事)は「沖縄文化の基層であるしまくとぅばをさらに普及・継承していくため、各団体や県民一人ひとりが取り組む役割を、一緒に考えていきたい」と、しまくとぅばであいさつした。

 県は18日の「しまくとぅばの日」に同会場で、午前に第4回しまくとぅば県民大会、午後に第22回しまくとぅば語やびら大会をそれぞれ開催する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!