06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
教育・文化
2016年9月29日(木)9:06

真壁さん(平良3年)が最優秀/宮古地区中学英語スピーチコン

プレゼン久松、スキットは狩俣/3部門で発表力競う


スピーチの部最優秀賞の真壁さん(中央)と優秀賞の垣花君(左)と前泊さん=28日、県宮古合同庁舎講堂

スピーチの部最優秀賞の真壁さん(中央)と優秀賞の垣花君(左)と前泊さん=28日、県宮古合同庁舎講堂

 第9回宮古地区中学校英語スピーチ・スキット(寸劇)コンテスト(主催・宮古地区中学校英語教育研究会)が28日、県宮古合同庁舎講堂で開かれた。スピーチ、プレゼンテーション、スキットの3部門で英語による発表力などを競い合った結果、スピーチの部では平良中学校3年の真壁凜さん、プレゼンテーションの部は久松中学校チーム、スキットの部は狩俣中学校チームが最優秀賞に輝いた。

 今回のコンテストにはスピーチの部に6人、プレゼンテーションの部に3組、スキットの部に4組が出場した。

 スピーチの部では真壁さんが「話されていく伝統」と題し、受け継がれてきた伝統の宮古方言が消滅の危機にあることを知り、方言を守らなければならないと強く感じ、そのための努力をしていきたいとの思いを発表し、最優秀賞を受賞した。優秀賞は「知識を増やし視野を広げる」をテーマに発表した下地中学校2年の垣花祐太朗君と「きれいなままの宮古島を」と題しスピーチした西辺中学校3年の前泊亜実さんに贈られた。3人は10月15日に開催される全日本中学校英語弁論大会県予選大会に出場する。

 真壁さんは「ほかの人たちがすごく上手だったので、自分が最優秀賞を取れるとは思っていなかった。使われなくなっている方言を守っていこうという思いを伝えようと思った。今回は緊張してしまったので、県予選では人前で緊張せず、自信を持って発表できるよう頑張りたい」と語った。

 プレゼンテーションの部では久松中学校3年の上田怜生君、石原里紗さん、川満朱羅さん、佐久田樹里さんのチームが「より愛される島になるために」、スキットの部では狩俣中学校2年の狩俣蓮さん、村田かおりさん、與那覇瀬麗奈さんのチームが「なんて日だ~!」と題した発表で最優秀賞を受賞した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!