03/04
2024
Mon
旧暦:1月24日 赤口 丁 
政治・行政
2016年10月1日(土)9:07

議員定数2減の24/議会改革特別委

委員の多数決で決定/来年選挙から適用へ


挙手による採決の結果、定数24が「賛成多数」で決まった議会改革調査特別委員会=30日、市役所平良庁舎

挙手による採決の結果、定数24が「賛成多数」で決まった議会改革調査特別委員会=30日、市役所平良庁舎

 市議会の議会改革調査特別委員会(下地明委員長)は30日、市役所平良庁舎で委員会を開き、市議会議員定数を現在の26(1人欠員)から2減の24にすることを決定した。市議会12月定例会本会議で報告し、最終決定する。決定すれば来年10月予定の市議選から適用する。

 同委員会は2014年6月に設置。約2年間かけ、議員定数について、市民を巻き込みながら議論してきた。

 この日の委員会では議員全員から募ったアンケートで多かった定数「22」「24」を軸に「23」も含めて採決した結果、5人の委員が「24」を支持したため「賛成多数」で決定した。「22」は3人、「23」は1人だった。

 下地委員長は「アンケート結果から見れば、もう少し減になるかなと思った。個人的見解としては、市民はもう少し減を期待していたのではないか」と話した。

 議員のアンケート結果では、4減の「22」と答えたのが9人と最も多く、2減の「24」が7人、6減の「20」が2人、3減の「23」が1人で、19人の議員が「削減」と答えた。

 一方で、現状維持を主張する議員も6人おり、全体の平均は「23・4」だった。

 委員からは「市民や識者の意見も聞いて、後々に悔いが残らない結論を」「人口や財政面で比べるのではなく、さまざまな観点から議論を深めるべき」などと、定数削減に慎重な意見もあった。

 また「議会が議会らしい役割を発揮していれば、市民から削減との声は出てこない。議会側から削減を言い出すのは、自己否定だ」との声もあった。

 結局は「多くの市民から削減との声が上がっている」「委員会設置から2年余が過ぎている、そろそろ結論を出さないといけない」との意見が多く、削減の方向で議論した上で挙手による採決を行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年2月22日(木)8:59
8:59

市に地域創生金賞/楽天トラベルアワード

市長「知名度さらに」/2宿泊施設も高評価   楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」はこのほど、国内の登録宿泊施設や自治体を表彰する「楽天トラベルアワード2023」を発表した。宮古島市が「楽天トラベル地域創生賞ゴールドアワード」を受賞…

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!