07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
政治・行政
2016年10月1日(土)9:07

議員定数2減の24/議会改革特別委

委員の多数決で決定/来年選挙から適用へ


挙手による採決の結果、定数24が「賛成多数」で決まった議会改革調査特別委員会=30日、市役所平良庁舎

挙手による採決の結果、定数24が「賛成多数」で決まった議会改革調査特別委員会=30日、市役所平良庁舎

 市議会の議会改革調査特別委員会(下地明委員長)は30日、市役所平良庁舎で委員会を開き、市議会議員定数を現在の26(1人欠員)から2減の24にすることを決定した。市議会12月定例会本会議で報告し、最終決定する。決定すれば来年10月予定の市議選から適用する。

 同委員会は2014年6月に設置。約2年間かけ、議員定数について、市民を巻き込みながら議論してきた。

 この日の委員会では議員全員から募ったアンケートで多かった定数「22」「24」を軸に「23」も含めて採決した結果、5人の委員が「24」を支持したため「賛成多数」で決定した。「22」は3人、「23」は1人だった。

 下地委員長は「アンケート結果から見れば、もう少し減になるかなと思った。個人的見解としては、市民はもう少し減を期待していたのではないか」と話した。

 議員のアンケート結果では、4減の「22」と答えたのが9人と最も多く、2減の「24」が7人、6減の「20」が2人、3減の「23」が1人で、19人の議員が「削減」と答えた。

 一方で、現状維持を主張する議員も6人おり、全体の平均は「23・4」だった。

 委員からは「市民や識者の意見も聞いて、後々に悔いが残らない結論を」「人口や財政面で比べるのではなく、さまざまな観点から議論を深めるべき」などと、定数削減に慎重な意見もあった。

 また「議会が議会らしい役割を発揮していれば、市民から削減との声は出てこない。議会側から削減を言い出すのは、自己否定だ」との声もあった。

 結局は「多くの市民から削減との声が上がっている」「委員会設置から2年余が過ぎている、そろそろ結論を出さないといけない」との意見が多く、削減の方向で議論した上で挙手による採決を行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!