06/23
2024
Sun
旧暦:5月18日 仏滅 戊 
教育・文化
2016年10月1日(土)9:03

22、23日に展示部門開催

市民総合文化祭をPR/市文化協会など


文化祭日程などを発表し来場を呼び掛ける下地市長=30日、市中央公民館

文化祭日程などを発表し来場を呼び掛ける下地市長=30日、市中央公民館

 今月開幕する第30回宮古島市民総合文化祭(主催・市、市教育委員会、市文化協会)に合わせ、主催者が30日、市中央公民館で合同記者会見を開き、市民に広くアピールした。

 主催者を代表して下地敏彦市長は「去年の文化祭の成果を総括し、新たなスタートにしたい。市民にしっかり文化活動を披露してほしい」と述べた。

 同じく宮国博教育長は「児童・生徒の芸術の発表の場として大事にしたい」、大城裕子会長は「知恵を絞り、工夫して魅力ある文化祭にしたい」とそれぞれ決意を新たにした。

 教育委員会が児童・生徒の部を主管。テーマは「創造する市民の文化」。22、23の両日、市中央公民館で展示部門(書道・美術・文芸・自由工作)が開かれる。11月6日に発表部門の音楽祭がマティダ市民劇場で開催される。同12日に郷土の民話発表会が中央公民館、12月3日に同公民館で表彰式が行われる。

 文化協会が一般の部を主管。テーマは「創造する市民の文化~MeMeMeの芽」。「MeMeMeの芽」には「創造の芽、発見の芽、可能性の芽、わたしの中の芽を育てる」の意味が込められている。

 9日はカママ嶺公園で吟行会を開く。14日は市中央公民館でセレモニーを行い、館内の特設会場で盆栽講習会、同日~16日に苧麻績み・藍染め体験を実施する。15日は同公民館で生け花のデモンストレーション、方言講座、16日は伊良部地区の史跡めぐり、中央公民館で高校生による書道パフォーマンスを催す。20日はマティダ市民劇場で音楽祭を開催。12月4日に同劇場で芸能祭、年明けの2月5日には芸術劇場を開催予定。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!