08/07
2022
Sun
旧暦:7月10日 仏滅 壬 立秋
政治・行政
2016年10月4日(火)9:03

保守系も一本化模索/市長選

与党と新風会、新保守が協議

 来年1月の市長選に向け、与野党で動きが激しくなってきた。保守系はすでに現職の下地敏彦市長の支持を表明した与党系議員の代表と「21世紀新風会」、「新保守クラブ」の代表が3日午前、市役所平良庁舎内で会合を持ち、保守候補一本化に向け対応を協議した。

 一方の「オール沖縄」を掲げる野党勢力の候補者選考委員会も1日夜、宮古教育会館で会合を開き、出馬を固辞した医師の岸本邦弘氏(55)を呼び、再度出馬についての意思確認を行ったが大きな進展はなかった。

 保守系はこれまで、与党会派議員10人が会見で現職の下地市長支持を表明。一方で前市議会議長の真栄城徳彦氏も市議会9月定例会の一般質問における「私見」の中で立候補する意思を表明している。

 下地氏と真栄城氏の2人が立候補を表明する中、現職支持派と新風会、新保守クラブは先月28日に市長選に向け、保守候補一本化に向けた協議を初めて行った。

 今回は2回目の会合となり、新風会、新保守からは現職支持派に対して、陸自配備問題における議会での答弁の変遷や観光プロモーション事業についての報道などを挙げ、「現職ありき」ではなく保守の候補者一本化に向けた協議を今後進めていくことが求められたという。

 関係者によると、この日の会合では、現職支持派から観光プロモーション事業の事実関係などを今後確認した上で、一本化協議については持ち帰って検討することになったという。

 この日の会合には、現職支持派から平良隆氏、嵩原弘氏。新風会から新里聡氏、山里雅彦氏。新保守からは西里芳明氏、仲間則人氏が参加した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!