06/19
2024
Wed
旧暦:5月14日 赤口 甲 
スポーツ
2016年10月10日(月)9:04

北学区が男女総合2連覇/宮古体育大会

ボウリング、柔道、自転車でV


宮古体育大会男女総合で連覇を果たした北学区の選手と役員ら=9日、市陸上競技場

宮古体育大会男女総合で連覇を果たした北学区の選手と役員ら=9日、市陸上競技場

 第43回宮古体育大会は9日、最後の競技種目の陸上で全日程を終了した。17競技のポイントで競う男女総合の部は北学区が昨年に続き優勝した。2位は平一、3位には陸上で総合優勝に輝いた上野が入った。大会には1765人の選手が参加。約3カ月間にわたり熱戦を繰り広げた。

 総合優勝の北は、ボウリングと柔道のほか、今大会から新しく加わった自転車で優勝。陸上壮年と水泳男女、混成バドミントン、サッカー、剣道、角力で準優勝するなど、各競技で安定した力を発揮し148・5点を獲得した。

 一方、2位の平一は、バレーボール男子、ハンドボール女子、混成のバドミントン、ソフトテニス、テニス、剣道、男子ゴルフと計7競技で優勝したものの、他の競技が伸び悩み、総合得点は127・5で北に21点差をつけられた。

 3位の上野は陸上競技壮年、水泳男女、角力で優勝したが、不出場の競技もあり全体的に得点を伸ばせなかった。総得点は120・5だった。

 以下、4位久松、5位西辺、6位南、7位東の順。

 閉会式で宮古体育協会の長濱博文会長は、総合優勝した北学区の選手や役員をたたえた上で、他の学区の奮起を促した。

 北学区体育協会の安慶田成夫会長は「連覇を狙っていたので結果はうれしい。昨年より選手の集まりがスムーズだった。そのおかげで各種目で上位の成績が取れた。来年は3連覇を狙いたい」と喜びと抱負を語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!