07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
スポーツ
2016年10月18日(火)9:03

目指すぞ、全員完走/光の村養護学校

トライ挑戦 太鼓演舞で意気込み


全員完走を目指して勇壮な太鼓演舞を披露する光の村養護学校の生徒たち=17日、市役所平良庁舎

全員完走を目指して勇壮な太鼓演舞を披露する光の村養護学校の生徒たち=17日、市役所平良庁舎

 光の村養護学校の「宮古島卒業旅行」と題したトライアスロンが18日からスイムを皮切りに行われる。参加する生徒12人は17日、市役所平良庁舎で勇壮な太鼓演舞を披露。沿道で支えるボランティアに感謝の気持ちを表すとともに、全員完走へ意気込みを示した。19日はバイク、20日はランに挑戦する。距離は、全日本トライアスロン宮古島大会と同じ202・195㌔。



 卒業旅行は今回で27回目。同校は、知的障害児の自立を目指して設立された私立の全寮制特別支援学校。土佐自然学園(高知県土佐市)と、秩父自然学園(埼玉県秩父市)の生徒たちが参加する。


 太鼓演舞では、雨風が段々と強くなっていく様子を表現した「雨風」、太平洋を流れる黒潮をイメージした「黒潮太鼓」を時には勇ましく、時にはゆっくりと太鼓のばちを振り、トライに懸ける思いを表した。
 生徒たちの演舞を見守った下地敏彦市長は「共に支え合いながら頑張ってほしい。大いに宮古島を楽しんで」と激励した。


 同校によると、入学と同時に生徒や教師、保護者はこの卒業旅行を到達目標に掲げ、一つ一つの課題に挑戦する学習が始まる。体力と気力を育てるため、朝マラソン、強歩大会、登山、川下り、遠泳大会、サイクリング、マラソン大会などで成長を確認し、3年間または6年間で全員が完走することを目指す。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!