06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
教育・文化
2016年10月20日(木)9:03

豊作願いキビ植え/伊良部中の生徒たち

キビの苗を丁寧に植え付ける生徒たち=19日、伊良部中学校農園

キビの苗を丁寧に植え付ける生徒たち=19日、伊良部中学校農園

 伊良部中学校(瑞慶山昇校長)は19日、同校裏側の農園でサトウキビ植え体験学習を実施した。生徒83人が参加。耕運機でできたうねにキビの苗一本一本を丁寧に植え付け豊作を願った。夏植えのキビは、再来年の2月ごろに収穫し、宮古製糖伊良部工場に搬入して換金し、教育振興費に充てる。

 キビ植えを通して、地域の産業や生活文化に触れる機会とし、地域の人材を活用することで学校と地域との連携を図ることなどが目的。旧伊良部町時代から取り組んでいる学習。

 開会式で、生徒会長の高志保聖羅さん(3年)は「私たちは普段からサトウキビに囲まれて生活している。そしてキビは昔から地域の産業として伊良部島を守ってくれている。きょうは地域の産業に触れ合いながら、キビ植えを頑張りましょう」と決意を示した。

 瑞慶山校長は「作業中は十分に水分を取ってください。宮古ではサトウキビを年間約34㌧収穫し、県全体の40%と生産高は高い。生活に密着したキビを頑張って植えましょう」と激励した。

 生徒たちは、キビの長い茎を切断機に入れ、長さ30㌢程度に切断。畑に運び、手作業で植え付けた。

 1年生の吉浜承太郞君は「キビの苗の植え付け体験はあるが、学校での植え付け学習は初めて。豊作を祈って植えた」と話し、額の汗をぬぐった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!