04/25
2024
Thu
旧暦:3月16日 赤口 戊 
政治・行政
2016年10月23日(日)9:06

クルーズ船係船料837万円/市港湾課まとめ

平良港接岸 前年度は169万円


平良港に接岸した大型クルーズ船(写真は8月24日に初寄港したゴールデンプリンセス)

平良港に接岸した大型クルーズ船(写真は8月24日に初寄港したゴールデンプリンセス)

 海外などからの大型クルーズ船が平良港に接岸する際に発生する「係船料(入港料)」は今年4月から10月までで62回分の計837万円になることが市港湾課のまとめで分かった。前年度の接岸実績は14回で係船料は169万円だった。クルーズ船が平良港に接岸するのは24日のスーパースターアクエリアス(総トン数5万1309)が今年最後となる予定。

 係船料は船の総トン数に3円を乗じて徴収している。

 今年、平良港に接岸した最大トン数のクルーズ船は、スーパースターアクエリアスで5万1309㌧。

 現在の平良港は5万㌧級までの受け入れは可能。それ以上の船舶は、平良港沖に停泊し「補助船」を使い、平良港まで乗客をピストン輸送する「沖泊」となっているのが現状だ。

 沖泊は、港に接岸しないため係船料は発生しない。

 ちなみに、平良港における沖泊は今年4月20日~10月19日までに計29回あり、内訳はスーパースターヴァーゴ(総トン数7万5338)が22回、ゴールデンプリンセス(同10万8806)が7回となっている。

 現在整備中の漲水地区複合一貫輸送ターミナル改良事業は、7万㌧級のクルーズ船に対応するため岸壁を延長。将来的には、10万㌧級以上のクルーズ船専用の岸壁整備が計画されている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!