06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
教育・文化
2016年10月29日(土)9:04

伝統芸能や創作ダンス披露/中学校総合文化祭が開幕

「比嘉の獅子舞」を披露する西城中の生徒たち=28日、マティダ市民劇場

「比嘉の獅子舞」を披露する西城中の生徒たち=28日、マティダ市民劇場

 第22回宮古地区中学総合文化祭(主催・宮古地区中学校文化連盟)の舞台の部が28日、マティダ市民劇場で行われた。県立宮古特別支援学校を含め15校から約400人の生徒が出演し、伝統芸能や創作ダンス、三線演奏などを発表した。展示発表は29、30の両日に市中央公民館で開催される。

 文化祭のテーマは「時間(とき)満ちる 文化の華が 開花する」。舞台発表は午前と午後の部に分けて行われ、各校の生徒がこれまでの文化活動の成果を発表した。開会式で参加した生徒ら全員で同連盟の歌「緑の風」を合唱した。

 同連盟の宮国敏弘会長は「文化はスポーツと違い、記録や順位を競い合うのではなく、披露して認め合うもの。午前、午後の部で7校ずつ出演する。皆さんの大きな拍手と歓声が激励します。最後まで、子供たちの、友達の演技を堪能してほしい」とあいさつした。

 午前の部は5校41人による三線の合同演奏で幕開け。エイサーの演舞や吹奏楽アンサンブルの演奏、創作ダンスなどが披露され、観客を楽しませた。

 午後の部は8校53人が三線合同演奏で「豊年の歌、なりやまあやぐ」を演奏し、幕を開けた。上野新里の棒振り、比嘉の獅子舞などの郷土芸能や力強いエイサーの演舞が披露された。最後は「スマートフォン依存症」をテーマにそれを克服する中学生の心の葛藤を表現した劇「ゲームオーバー」で幕を閉じた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!