05/31
2024
Fri
旧暦:4月23日 友引 甲 
スポーツ
2016年11月3日(木)9:03

兼島君が卓球で全国へ/県新人体育大会

宮高生徒 各競技で上位入賞


全員の活躍をたたえ記念撮影した=2日、宮古高校

全員の活躍をたたえ記念撮影した=2日、宮古高校

 県高校新人体育大会がこのほど、沖縄本島のうるま市体育館などで開かれ、宮古高校の卓球部、ウエートリフティング部、体操同好会が上位入賞で活躍した。2日、宮古高校(平良智枝子校長)で報告会があった。

 卓球部は兼島竜平がシングルスでベスト8に入り、全国大会への出場を決めた。同部は学校対抗戦では3位入賞し、九州大会への出場権を獲得。同校では、3位入賞は40年ぶり。

 ウエートリフティング部は豊見山倫が男子56級に出場しスナッチ70㌔、クリーン・ジャーク87㌔、トータル157㌔で優勝。手登根武魁が男子105㌔超級に出場しスナッチ95㌔、クリーン・ジャーク130㌔、トータル225㌔で優勝を成し遂げた。

 来週九州大会への選抜発表があり、2人とも同大会基準記録をオーバーしていることから出場の可能性が高い。

 体操同好会は山﨑太陽、与那覇勇樹、西里響の3人が団体順位で1位を決めた。今後、体操同好会から体操部への昇格が期待されている。

 卓球部の下里竜輝主将は「九州大会では、一戦一戦に自分たちの持っている力を出し切りたい」と気持ちを引き締める。

 ウエートリフティング部の手登根主将は「九州大会では、これまでの課題を乗り切り、良い結果を出したい」と抱負を語った。

 体操同好会の山﨑主将は「学校には体操道具がなく、自分たちで道具を作って練習した。今後も道具作りに工夫しながら良い成果を挙げたい」と意欲を見せる。

 平良校長は「良い結果で九州・全国大会への出場に結びついているので喜んでいる。さらなる成長に向け、地域の支援をお願いしたい」と呼び掛けた。

 卓球部は次の皆さん。
 下里竜輝、砂川博仁、兼島竜平、平良勝吾、粟崎鈴、下地達樹、伊沢拓郎、陸紫苑


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!