04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
イベント
2016年11月4日(金)9:07

次代へ クイチャー共演/第15回フェスティバル

19団体900人が演舞/プカラス賞は「BP」


19団体が出演し盛り上がった第15回クイチャーフェスティバル=3日、カママ嶺公園

19団体が出演し盛り上がった第15回クイチャーフェスティバル=3日、カママ嶺公園

 第15回クイチャーフェスティバル(主催・同フェスティバル実行委員会)が3日午後、カママ嶺公園の多目的広場で開催された。伝統、創作、芸能の各部門に計19団体約900人が出演し、伝統のクイチャーを次代へ引き継ぐ決意を共有した。審査の結果、プカラス賞は「TEAM BP」が受賞した。

 15年続くフェスティバルは、脈々と受け継がれてきたクイチャーという伝統芸能を後世に伝え、併せて宮古圏域文化を掘り起こすことが狙い。県、市、多良間村、NPO法人美ぎ島宮古島が共催し、宮古毎日新聞社と宮古テレビが特別協賛して開催されている。

 フェスティバルは、このイベントの生みの親でもある下地暁さんのステージで幕開け。「ニーリ」を声高らかに歌い上げた。

 この後、砂川小学校の児童がうるかのクイチャーを踊った。引き続きうるかクイチャー愛好会の皆さんが踊り、地域色あふれる芸能で観客を引き付けた。

 みつば保育園と幼稚園の園児は豊年の歌に合わせて踊り、「少年補導員・宮古まもる君・少年柔道クラブの仲良しチーム」は宮古まもるくんを踊りながら交通安全を訴えた。

 佐良浜、漲水、下地、池間、友利、荷川取、宮国のクイチャーを保存する団体皆さんは、伝統部門で優雅なクイチャーを披露し、観客を魅了した。

 創作部門では「男塾武-Doo」、「新羅withぶどぅれサンガ!」「TEAM BP」のメンバーがエイサーを取り入れた豪快なクイチャー演舞を発表して大きな拍手を誘った。

 創作部門を対象とする審査の結果、プカラス賞はTEAM BP。アパラギ賞は新羅Withぶどぅれサンガ!、パニパニ賞は男塾武-Doo、審査員特別賞の美やらび賞はN・Sバレエアカデミー宮古校がそれぞれ受賞した。

 演舞の中間とフィナーレにはクイチャー大共演が行われた。出演者、観客、スタッフのほか、次代を担う子どもたちも一緒に踊ってイベントを盛り上げた。

 ゲスト出演の創作芸団レキオス、日出克さん、大城クラウディアさん、宮沢和史さんもステージパフォーマンスを披露した。

 大会長を務めた下地敏彦市長は「現代を生きる私たちは、先人が築き上げた伝統の踊りを後世に引き継がなければならない」と大会開催の意義を強調し、「出演者の皆さんは、島の伝統文化継承のためにも日ごろの練習の成果を発揮し、この大会を大いに盛り上げてほしい」とあいさつした。



記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!