04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
イベント
2016年11月8日(火)9:05

支えに感謝しフラ披露/プアエナ宮古

結成10周年でフェス開催


10周年の感謝を込めて踊るメンバたち=5日、荷川取漁港ステージ広場聞社

10周年の感謝を込めて踊るメンバたち=5日、荷川取漁港ステージ広場聞社

 フラサークル・プアエナ宮古(垣花恵子代表)の結成10周年を記念したフェスティバルが5日、荷川取漁港ステージ広場で開かれた。サークルメンバーたちは10年間支えてくれた関係者らに感謝の思いを込めてフラを踊った。指導者や過去の代表者などの功労者には垣花代表から感謝のレイが贈られた。

 同サークルは2006年に結成され、現在は大人30人、子供10人が在籍している。10周年フェスティバルでは、最初はメンバーたちが複数のチームに分かれて「カヒネ」と呼ばれる古典フラを、その後、「アウアナ」と呼ばれる現代的なフラを踊った。指導者の柴田プアエナ知佳さんや同サークル初代代表のノブコ・カナニイリマオカラニさん、同サークルの伊良部チームであるプアエナ伊良部もゲスト出演しフラを披露した。

 柴田さんやノブコさん、過去の代表者、プアエナ伊良部メンバー、家族代表など活動を支えてきた功労者に垣花代表から感謝を込めた「レインボー・レイ」が贈られた。垣花代表は「地域や家族の人たちの力で今までフラを学ばせてもらった。ありがとう。これからも応援をよろしくお願いしたい」と語った。

 ゲストとして民謡歌手の川満七重さんとキーボード奏者の池村綾野さん、ホメアロハ88、島ピエロのゆずちゃんが出演し演奏やバルーンアートを披露。川満さんと池村さんによる演奏にはプアエナ宮古のメンバーも共演し、宮古民謡でフラを踊った。オープニングでは風の神太鼓が力強い演舞で会場を盛り上げた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!