06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
スポーツ
2016年11月9日(水)9:03

比嘉、KO初防衛/ボクシング東洋太平洋フライ級

デビュー以来11戦11勝

 ボクシングの東洋太平洋フライ級タイトルマッチ12回戦が5日、東京・後楽園ホールで行われ、同級王者で宮工卒の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が挑戦者で同級2位のフェリペ・カグゴコブ・ジュニア(フィリピン)を4回2分55秒KOで下し、タイトル初防衛に成功した。デビューから11戦11勝11KO。

 比嘉は今年7月のタイトルマッチに挑戦者として挑み、フィリピンのアーデン・ディアレを倒して同級王座を奪取している。

 初防衛戦の相手はサウスポー。「今までのキャリアの中で最も打ち込まれた試合」と反省しながらも、持ち前の前に出るスタイルで挑戦者を攻め立てた。

 決着は4回。左右のボディーを浴びせて1度目のダウンを奪うと、そのまま押し込んでマットに沈めた。

 初防衛に比嘉は「勝てて良かったが、ディフェンスがまずい。足の位置もなかなか修正できなかった」とサウスポー相手に苦戦した試合を振り返った。

 それでも11戦連続KOで試合を締めた比嘉。「世界が近付いてきていることを実感している。具志堅会長と同じ21歳で世界を取ることが目標。世界チャンピオンのベルトを宮古に持ち帰りたい」と意欲を語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!