06/16
2024
Sun
旧暦:5月10日 友引 庚 
政治・行政
2016年11月22日(火)9:07

市長選 投開票まで2カ月

一本化調整 山場へ/保革とも分裂回避目指す

 来年1月22日に投開票が行われる市長選挙まで残り2カ月となった。保革ともそれぞれ分裂の様相となっているが、候補者の「一本化」が勝利の絶対条件であることから、双方とも分裂回避の調整が山場を迎えている。

 今市長選に向けては、保守系は3期目を目指す現職の下地敏彦氏(70)、市議で前市議会議長の真栄城徳彦氏(67)が出馬を表明している。

 また、「オール沖縄」を掲げる革新勢力は選考委員会で医師の下地晃氏(62)の擁立を決定(25日に出馬表明予定)。しかし、前県議の奥平一夫氏(67)も出馬に意欲を示し、きょう22日に正式に出馬を表明する。

 21日に行われた保守系の全員協議会は、現職支持派と市政刷新派の意向が真っ向から衝突。協議は平行線をたどり、23日に再度会合を持つこととなった。

 一方、市政奪還の千載一遇のチャンスとする革新勢力だが、内情は保守系同様に各方面の思惑や調整が難航し、分裂の様相となっている。

 革新勢力も分裂回避に向けては、下地晃氏の擁立を決めた選考委員会側と奥平氏側とで「一本化」に向けた水面下の調整が進められているが、そのめどは立っていない。

 投開票まで残り2カ月となり、互いに「もう時間がない」とする一方で、「分裂回避」の作業は難航している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!