04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
産業・経済
2016年11月23日(水)9:01

企業パートナー招き親睦/ユニマットプレシャス

「レインボー会」に170人


多くの「パートナー企業」が招かれ懇親を深めた「レインボー会」=21日夜、ホテルブリーズベイマリーナ

多くの「パートナー企業」が招かれ懇親を深めた「レインボー会」=21日夜、ホテルブリーズベイマリーナ

 リゾートホテルやゴルフ場などを展開するユニマットプレシャス(本社・東京都、髙橋洋二代表)は21日夜、上野のホテルブリーズベイマリーナで第11回「レインボー会」を開催した。島内外の取引企業を招待し、情報交換などを通して親睦を深めた。22日は親善ゴルフで楽しんだ。

 レインボー会とは、樹木に虹が架かり人と自然の調和をアピールする同社のロゴマークから取ったネーミング。

 この日は、ホテルなどを運営するために必要な電気や水道、厨房、食材、人材派遣など、さまざまな業種から約170人が参加。同ホテルの料理長らが腕を振るった自慢の料理やステージショーを楽しんだ。

 三國浩紀常務取締役、仲田達志八重山地区統括、手塚秋啓ホテルブリーズベイマリーナ総支配人、川口シンディ陽子ザ・シギラ総支配人がそれぞれあいさつや乾杯の音頭を取り、「パートナー企業とともに、宮古観光を盛り上げていきたい」などとさらなる協力を呼び掛けた。

 川口総支配人は「多くのパートナー企業には、目に見えない支援を頂いている。年に1回、顔を合わせて、忌憚(きたん)ない意見を交わすことは大変重要」と会の意義を強調した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!